Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  レンダリングTIPS ビュー新規追加と地面を平坦化

≫ 運営会社紹介

このコンテンツを閲覧するためには会員登録が必要です。
・会員登録がまだの方はこちらより会員登録をお願いします。
・会員登録がすでにお済みの方はこちらよりログインしてください。

レンダリングTIPS ビュー新規追加と地面を平坦化

 解説!モデリング動画

今日紹介するTIPSは以下の通り
1.ビューの新規作成
2.環境の地面を平坦化オプション
3.被写界深度で背景の歪みをごまかす


動画




補足解説

今日のTIPS紹介の目玉である
地面を平坦化のメリットとデメリットについて書きます

●場所
まず地面を平坦化ってどこにあるんだ?っていうところだと思いますが 3 レンダリング作業スペースの[シーンの設定]を実行し「▼固定」の下にあります。
ONとOFF時の違いは動画のほうがわかりやすいので、ここでは書きません。

●メリット
メリットは以下の2つを挙げてみます
1.3Dモデルが床に固定され浮かなくなる
2.3Dモデルと背景の相対尺度が固定される

1の床に固定される件ですが、これも動画のほうがわかりやすいです。
地面を平坦化OFFの場合、カメラを回転させると3Dモデルが床から浮いてしまうことがあります。
しかしONにした場合は床に固定されたままになるため、不自然に床から浮くことはなくなります。
(見上げすぎると浮いてしまいますが)

2の尺度が固定されるということについて
地面を平坦化OFFの場合、カメラのズーム度合いで背景と3Dモデルの尺度が決まります。
正直カメラのズームで3Dモデルを拡大縮小しても、背景自体の大きさが固定なのですごくやりづらいです。
しかしONにした場合は、背景の尺度を調整できるようになるため、3Dモデルと背景との大きさを合わせやすくなりますので、よりリアルなレンダリングを行えるようになります。

●デメリット
デメリットはただひとつ
背景が歪む
地面を平坦化のONとOFFを見比べてみましょう。先にOFFから
1.地面を平坦化OFF
4 背景の建物の根本を見ても綺麗ですね。

2.地面を平坦化ON
5 背景の建物の根本を見ると、ものすごく歪んでいます。

●レンダリング
最後にレンダリング画像を載せておきます。
1.被写界深度OFF
1
2.被写界深度ON
2 被写界深度をONにし背景をボカすことで、背景の歪みをごまかします。

おわり

今日はモデリング以外のことを書いてみましたが、どうでしたでしょうか。
次回は、なに書こうかな…。
要望などがありましたらツイッター等でリプライよろしくお願いしますー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“レンダリングTIPS ビュー新規追加と地面を平坦化” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!