Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  全部アルミの削りだし!ミニ四駆作るよ!!~その9

≫ 運営会社紹介

更新日:2016.07.19

全部アルミの削りだし!ミニ四駆作るよ!!~その9

 ティーチャー三谷

こんにちは。
更新が遅れました!皆さんの予想通り、fabミニ四駆カップ終了後、ぶっ倒れておりました 笑
果たして結果はどうだったのか、気になる方も多いと思いますが、もう少しお付き合いください♪

さて、前回の続きから。ついに全部品が削りあがりました!!
ここからは組み立て工程です!
DSC_0362

シャーシのふた部品などの一部部品は、アイジェットさんの協力を得て3Dプリントパーツです。
これはナイロン素材で、薄くても非常に強度があることが特徴です。
DSC_0368

ここからは、手作業でどんどん組んでいく作業に入ります!

まずはシャーシから。
私がミスりまして、真ん中の溝だけ0.15mmほど多く残ってしまっていました。
DSC_0365

ヤスリやリューターを使って仕上げていきます。
DSC_0377

3Dプリントパーツも、微妙なずれがあるため修正します。
今回使用しているナイロン素材は業務用3Dプリンターで作成していただいたため、家庭用の3Dプリンターよりも精度はいいのですが、それでもはまらないところをやすりで磨きます。
DSC_0378

やすりでしゅこしゅここすってこすって、測って、こすって、、、
で、はまりました!
DSC_0379

足りない部品は藤村さんが買ってきてくださいました。
DSC_0372

三谷「買ってきすぎじゃないですか?」
藤村さん「足りなかったら困るでしょ~」
三谷「ガンダムとか、使わないでしょ?」
藤村さん「かっこいいでしょ~」
三谷「ミニ四駆、今作ってるんだからいらないでしょ?」
藤村さん「かっこいいでしょ~」


黙々と、作業をします。
DSC_0373

仮組みしてはしゃぐ大人たち。
DSC_0386

そして、今回一番の鬼門は、モーターカバーです。
円筒の横からネジ留めのための穴が開いているのですが、その直径わずか1.6mm。こんな穴をうまく開ける自信がない私たちは、天下のDMM.makeが誇るテックリーダー山口潤 氏(右)に無茶振りします。
三谷「その穴をいい具合に開ける方法ないですか? というか、失敗したら終わりなので開けてください。」
山口さん「いや~・・・う~ん」
DSC_0376

めちゃくちゃ笑顔ですが、ひきつってます。
DSC_0374

モーターも、動作チェックしてみます。
中の赤いコイルが回るのがかっこいいのです♪




愉快な雰囲気で組み立てる光景は、この日が最後となった・・・




次回、待望の最終章!
死闘の20時間を見逃すな!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“全部アルミの削りだし!ミニ四駆作るよ!!~その9” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!