Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  机のアセンブリで、ジョイント方式と位置合わせ方式を比較してみよう!

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

このコンテンツを閲覧するためには会員登録が必要です。
・会員登録がまだの方はこちらより会員登録をお願いします。
・会員登録がすでにお済みの方はこちらよりログインしてください。

机のアセンブリで、ジョイント方式と位置合わせ方式を比較してみよう!

 解説!モデリング動画

The following two tabs change content below.

解説!モデリング動画

最新記事 by 解説!モデリング動画 (全て見る)

今回やるのはアセンブリです。なんと動画を2本作りました。

1つ目は、ジョイントコマンドでアセンブリ
2つ目は、位置合わせコマンドと位置固定ジョイントの合わせ技

これら2つのやり方を見ていきます。

机は静物なので、剛性タイプの拘束をかければいいですよね?
その場合は1つ目の動画でお見せするような
ジョイントコマンドで拘束していくやり方は結構めんどくさい時もあります。

2つ目の動画を見ていただければわかりますが、さくさくアセンブリしていきます。

動く物を対象にした場合も、位置合わせを先に行ってから
位置固定ジョイントのほうが楽な場合もあるかもしれません。
お試しあれ。

hhttps://youtu.be/LXBeBZCQoxE

個人的には位置合わせコマンド好きです。なぜならさくさく動く。
あと静物のアセンブリの場合は、拘束しないで位置だけ合わせて終わりにすることもあります。
レンダリングするぐらいであれば、拘束する必要ないですからね。
(移動させるときはやっぱ拘束あったほうがいいけど)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“机のアセンブリで、ジョイント方式と位置合わせ方式を比較してみよう!” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!