Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  3Dプリンターの市場についてまとめてみました!

≫ 運営会社紹介

更新日:2016.09.21

3Dプリンターの市場についてまとめてみました!

 ティーチャー三谷

こんにちは、三谷です。

今回の記事は少しFusion 360からはなれて3Dプリンターのことについて書きたいと思います。
実は3Dプリンターのことも詳しいです♪

なぜ3Dプリンターは注目を浴びるようになったのか!?

3Dプリンターの歴史は意外と古く、33年前に名古屋市工業研究所の若手研究者であった「小玉秀男」さんが発明したものでした。

ではなぜそのような古くからある技術がなぜ注目を浴びるようになったのでしょうか?

それは、2009年に米Stratasys社が持っていたFDM法と呼ばれる3Dプリントの特許技術が切れ、その結果、数年前には1台数百万円していた3Dプリンターが、現在では数万円レベルに低下したためです。

国内のプロフェッショナル向け3Dプリンター市場

3Dプリンターの出荷台数は2015年に落ち込んだあとは年平均8.2%の成長を続け、2020年までには2354台まで増加すると見込まれています。
出荷台数増加の背景として、造形材料の多種化が進み適用範囲が広がることが成長を後押しています。
また、製造業での活用が一般的だが、歯科技工物や人工骨など歯科・医療分野での事例も増えています。

01
※出典:IDC Japan

国内のコンシューマー向け3Dプリンター市場

造形物の限界が明らかになったことなどから、一般消費者の購買意欲が一気に低下しました。
2016年以降も、プロフェッショナル向け3Dプリンターとは異なり微減を続け、2020年には3701台まで落ち込むと予想されています。
3Dプリンターが一家に一台普及する時代は、まだまだ先の未来かもしれません。

02
※出典:IDC Japan

[MEMO] 3Dプリンターの素材一覧
ABS樹脂、PLA樹脂、金属、石膏、シリコンラバー、ウッドライク、アクリル、ナイロン、ゴムライク、紙 など

家庭でも使用できるプリンターがもっともっといろんな素材が使えるようになったら、楽しい未来が待っていそうですね!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“3Dプリンターの市場についてまとめてみました!” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!