Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  テルえもんがFusion360をススメる理由ベスト3!!(企業版)

≫ 運営会社紹介

更新日:2017.03.01

テルえもんがFusion360をススメる理由ベスト3!!(企業版)

 テルえもんチャンネル

テルえもんは、普段いわてデジタルエンジニア育成センターというところで3DCADを岩手県の企業さんに普及する仕事をしています。

今回、企業さんが仕事でFusion360を使えると思った理由のズバリ!ベスト3を発表したいと思います。

第1位・・・他CADデータの読み書きできる種類が豊富

企業さんが仕事をする中で、お客さまから3DCADデータを受け取って、それを切削加工したり、治具や金型の設計をしたりする業務があります。

そんな際に同じ3DCADソフトを使用していれば良いですが、お客さまが違う3DCADソフトを使用している場合に、データが受け取れない問題が生じる場合があります。

Fusion360は、他の3DCADソフトのデータを読み込んでこれる種類が豊富にあります。

fusion360-import-export

データを渡す際にも中間フォーマットであるSTEPやIGESにエクスポートできるので、お客様とのデータ交換が可能です。

ハイエンドCADであるCATIAをはじめ、SOLIDWORKSやInventorの生データを読み込むことができるのには驚きました。

これらのデータを読み込むための機能を追加するために、ソフト代にプラス30万円払ってオプションをつけないといけない場合もあります。

それがFusion360には、オプションではなく、スタンダードで付いているのですからホント驚きでした。

第2位・・・測定・検査機能が充実していた

データを読み込んでくることができても、大きさや角度を測ることができなければ仕事で使えません。

Fusion360は、長さや角度の計測から質量や重心の確認、干渉チェックから断面確認もできる上に、金型でつくる場合に必要な抜き勾配のチェックや切削する際に確認したい曲率(半径)の大きさを色で調べることもできました。

fusion360-measure

ゼブラストライプ機能もあり、面と面のつながりの確認もできるのでデザインの検証にも使え、外部から読み込んできたデータにエラーがないかの検証機能もありました。

そして、図面作成機能もあるので、2次元の寸法の入った図面化をして紙に印刷することもできるので仕事で使う上で申し分ないと思いました。

第3位・・・形状を作成した履歴を保存でき編集できる

専門用語だとパラメトリックモデリングと言ったりしますが、形状を作成していくときに使用したパラメータの履歴が保存され、後から、そのパラメータを編集し形状を修正することができます。 この機能が無償・安価な3DCADには中々ついていなかったんですが、Fusion360には付いていました。 通常、製品を作っていく際、モデルをつくって1回でOKということは中々なく、1度作成した後に、長さや角度を変更して形状を整えていきます。 その際に作成した履歴が保存されていると便利です。ただ作業した履歴が煩雑になっていると上手く修正できなかったりします。 そんな場合、Fusion360では、履歴のパラメータとは関係なく形状を直接修正することもできました。 専門用語だとダイレクトモデリングと言ったりします。 Fusion360は両方に対応していたので、これも仕事で使用する際に気にいったところでした。 そして更に驚いたのが、他の3Dデータを読み込んでくると、通常、パラメータの履歴がなく、編集作業が困難なのですが、Fusion360は、フィーチャー検索という機能があり、自動でフィーチャー(押し出し、穴、フィレットなど)を作成してくれて、フィレットや面取りの大きさの修正や穴などの削除ができました。

3

まとめ

以上のように、私が仕事で使えると判断したポイントとして、他にもCAMがある、シミュレーションができるなどもあったのですが、その前段階としての他の3DCADのデータを読み込んできて、形状の確認や修正ができるという点でした。仕事では、お客さんから他のCADで作成したデータを受け取って、治具や金型をつくったり、削ったり曲げたりしてモノをつくることがあります。そんな際に今回紹介した第1位から第3位の機能があるので仕事でも使えると思い、Fusion360を色々な人に知ってもらおうと思い、セミナーを開催したり、ブログを書いたりとしてきました。実際に受講してくださった方達の反応も良いので今後も普及活動をしていきたいと思います。 がんばっていきますので、これからもよろしくお願いします。

企業でFusion360の使用を考えている方へ

ここのサイトを運営している3Dワークス株式会社さんでは、法人向けのトレーニングサービスも行っていますので、企業で使うことを考えている場合には、相談してトレーニングを受けられるのも良いと思います。特に初めて3Dを使用される方は上手く3Dを活用するためにトレーニングやコンサルを受けることをオススメしますね。

3Dワークス株式会社 法人向けサービス「ビズロード」 http://bizroad-svc.com

bizroad-

もちろんテルえもんを訪ねに岩手まで来て頂いてもOKですヽ(^。^)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“テルえもんがFusion360をススメる理由ベスト3!!(企業版)” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!