Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  シャーペンのモデリング

≫ 運営会社紹介

このコンテンツを閲覧するためには会員登録が必要です。
・会員登録がまだの方はこちらより会員登録をお願いします。
・会員登録がすでにお済みの方はこちらよりログインしてください。

シャーペンのモデリング

 解説!モデリング動画

今回は大体実寸サイズでシャーペンをモデリングする様子を流します。

◆動画

PART1


PART2


PART3


◆プチ解説

今回モデリングしていくシャーペンは内部構造などは考えずに、見た目だけを作っていきます。

等間隔に配置されている溝などは、パターンを利用することで効率的につくることができます。

また、動画内でも使っていますが、断面解析は複数の部品の組み付き状況の確認にとても有効的です。

シャーペンの留め具部分はソリッドモデリングで作成していくのは、なかなか難しいので、今回はスカルプトを活用しました。

スカルプト(Tスプライン)を利用することで、通常のモデリングでは難しい形状でも難なく作ることができます。Fusion360の強みですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“シャーペンのモデリング” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!