Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  【拡散希望】4月初頭に無償3DCAD 123D Designのデータがなくなる?!

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2017.03.29 [最終更新日]2017.11.08

【拡散希望】4月初頭に無償3DCAD 123D Designのデータがなくなる?!

 ティーチャー三谷

こんにちは、三谷です。

今日は初心者向けCADとして人気の123D Designの話題です。
小学生でも簡単に操作できる無償3DCADとして、世界中で親しまれてきましたが、残念ながらこの度開発が終了することになりました。

後継のソフトとしてオートデスク社が推奨しているのはFusion 360です。

実は4月初旬(3月31日との情報も)で、123Dの公式サイトが閉鎖される予定になっており、今後は123Dシリーズのダウンロード及び、今までにギャラリーに保存したデータが開けなくなってしまいます!!
3Dデータの救出方法と、Fusion360へのインポート方法をお伝えします。

まず3Dデータの救出方法。
123D Designのデータをローカルに保存している方(任意のフォルダに、***.123dxという形式で保存されている方)は、この作業は不要です。
http://www.123dapp.comにサインインし、プロジェクトを確認します。救出したいデータを選択し、「.123dx」形式ファイルをダウンロードします。

123d_download


続いてFusion 360へのインポート方法です。
データパネルより、<アップロード>で、保存してある「.123dx」ファイルをアップロードします。ダブルクリックで開けます。

fusion_upload_123Ddesigns

とっても簡単ですね!

123Dユーザーの中には、Fusion360は高機能すぎて難しい、とか、操作感が違うから取っつきにくいと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

今後、123D Designを使用されていた方向けの記事もアップしていきますので、最新情報を受け取りたい方はコチラから会員登録してみてください。
また、facebookページTwitterでも情報発信しておりますので、いいね、フォローをしてみてください!

The following two tabs change content below.
ティーチャー三谷

ティーチャー三谷

多くの企業で3D CAD導入の教育やコンサルティングを行っています。また、Fusion 360セミナーの講師も務めていて、Autodesk社公認のFusion 360の講師です!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“【拡散希望】4月初頭に無償3DCAD 123D Designのデータがなくなる?!” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!