Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  【永久保存版】123D Designユーザー向け、Fusion 360コマンド対応表

≫ 運営会社紹介

更新日:2017.04.07

【永久保存版】123D Designユーザー向け、Fusion 360コマンド対応表

 ティーチャー三谷

こんにちは、三谷です。

先日、終息を迎えた123D Design。今までモデリングツールとして利用してきたユーザーさんは、今後Fusion 360を使用することが推奨されています。
といっても、ユーザーインターフェイスや使い方が微妙に違っていてなかなか慣れない・・・と思われている方も多いようです。

今回は、そんな123D Designユーザーさん必見の、コマンド対応をご用意しました。全く同じコマンドもあれば、123DにはあってFusion 360にはないものもあります。考え方が少し違うCADなので、この機能は?というものがあればコメント欄にて聞いてみてください!
Fusion 360をじっくり独学で学びたい方向けの書籍や、さくっと短時間で習得できるセミナーも開催中ですので、あわせてご利用ください♪


トランスフォーム

移動や回転、拡大縮小をする機能です。

01

Fusion 360では、[修正]の中に入っています。

02

プリミティブ

直方体や球などの基本的な形状を作成する機能です。

03

Fusion 360では、[作成]の中に入っています。

04

スケッチ

スケッチ曲線を作成するコマンドです。

05

Fusion 360では、[スケッチ]の中に入っています。

06

なお、スケッチを描く際には、初めに平面を選択します。123Dと違い、「平面」を自由に作るため、いろいろな方向に簡単にスケッチを描く事ができます。

07

構成

スケッチを利用して形状を作成するコマンドです。

08

Fusion 360では、[作成]の中に入っています。

09

修正

形状を修正するコマンドです。

10

Fusion 360では、[修正]の中に入っています。

11

パターン

形状を並べたり、コピーするコマンドです。

12

Fusion 360では、[作成]の中に入っています。

13

グループ化

形状同士をグループにし、一度に操作をするためのコマンドです。

14

Fusion 360では、[選択セット]という機能です。
複数形状を一度に選択する際には、Fusion 360ではCtrlキーを押しながら簡単に選択できます。

15

結合

複数の形状を結合したり、切り取る機能です。

16

Fusion 360では、[修正]の中に入っています。

17

計測

寸法を計測する機能です。

18

Fusion 360では、[検査]の中に入っています。
Fusion 360には、単純な計測以外にも、様々な解析機能がついているため、便利です!

19

文字

文字を作成する機能です。

20

Fusion 360では、[テキスト]の中に入っています。

21

スナップ

形状同士をくっつける機能です。

22

Fusion 360では、[アセンブリ]の中に入っています。

23

マテリアル

形状に材質を定義する機能です。

24

Fusion 360では、[修正]の中に入っています。
表示だけを変更する際には[外観]機能でできますが、Fusion 360では材質による重さを計測したり、強度解析を行うために、物性自体を変更する[物理マテリアル]機能も搭載されています。

25

いかがだったでしょうか。
メニューは違えど、同じようなことができ、Fusion 360の方が非常に高機能です。今回紹介しませんでしたが、履歴機能も理解すると、編集や変更がとても楽で、123Dには戻れないかもしれません!?

是非みなさんもチャレンジしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“【永久保存版】123D Designユーザー向け、Fusion 360コマンド対応表” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!