Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  iQOSのツメが割れたのでバンドを作ってみました

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2017.04.19 [最終更新日]2017.11.08

iQOSのツメが割れたのでバンドを作ってみました

The following two tabs change content below.
工場長濵谷

工場長濵谷

3DCAD・CAMベンダーで製造業向けにコンサルティングの経験を積んだ後、メーカーで新規事業の立ち上げをしていました。現在は法人向けにFusion 360の立ち上げ支援やコンサルティングを行っています。趣味は育児と料理です♪

iQOS(アイコス)が充電されない!

子供ができてからはタバコはやめてiQOSに変えたんですが、どうやら蓋部分のツメが割れてしまってい充電ができないようです。
調べてみたら結構すぐダメになるみたいで他にも同じような境遇の人がいました。
輪ゴムなどで対処してみましたが、私はすぐに輪ゴムを無くしましたw

ということで、寸法測ってFusion 360のスケッチ&押し出しでバンドを3Dプリントしてみたいと思います!

01

家庭用3Dプリンターの機種によって内側寸法の差が0.2mm~0.5mmくらい小さくできてしまうので、データは少し大きめに作ってあります。

押し出しだけだと味気ないので、Voronoi Sketch Generatorを使ってみました。
Voronoi Sketch Generatorは[アドイン]-[Fusion360 App Store]から無料で追加できます。
アドインの追加方法はこのサイトのチュートリアルの「Fusion360にアドインを追加する方法」を参考にしてください。

レンダリングしてみました。

02

久しぶりの登場!我が家のUP Plus2。

03

我が家には2台3Dプリンターがありますが、UP Plus2はとても優秀です。
スリプリオンラインストアから購入できます。詳細はこちら

完成!意外とカッコ良くなりました!

04

iQOSユーザーで同じように困ってる人がいそうなので、データをオープンにしました。
3Dプリントしてみてください。

パブリックリンク:http://a360.co/2pICsRv

評判良かったら商品化しようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“iQOSのツメが割れたのでバンドを作ってみました” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!