Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  Fusion 360とInventorを徹底比較!

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2017.11.28 

Fusion 360とInventorを徹底比較!

 ティーチャー三谷

top_bnr_17

Fusion 360ってなんでそんなに安いの?今まであったInventorと何が違うの?
という質問をよくもらうので、Fusion 360とInventorの違いをまとめてみました。

今回の記事を作成するにあたり、HL worksの草野さんにも協力をしていただきました。


Fusion 360とInventorでは、そもそも開発のコンセプトが異なります。
Inventorは、機械設計、装置設計等のために最適化されたシステムで、大規模アセンブリやAutoCADデータの取り扱いなど、製造業の設計部署が設計開発を柔軟にスムーズに行えることが特徴です。

一方、Fusion 360は、ものづくりのための全く新しいプラットフォームという位置づけで、今まで分断されていた、CAD、CAM、CAE、コラボレーションなど、会社や部署をまたがって使用できるシステムです。
これからの時代、国や場所を超えてすべての人がつながりながら新しいものを作っていくために必要なシステムとして、クラウドをベースとした全く新しい考え方に基づいて開発されています。

Autodesk-Fusion-360_eye11

33331

UI(画面デザインについて)

基本的な作図機能については大きな差はありません。数十万円するInventorや、他のCADソフトともほぼ同等のスケッチ機能がついているなんてすごいですね!

Fusion 360には無いInventorの機能は、主にしっかりと機械設計や特殊な設計をする際に便利な機能です。

点をインポート

Excelで指定したXY座標を点で表現できます。インポートした点を繋げてスプラインを作成できるので、あらかじめ決まっている曲線を表現できます。

001

ACADファイル(DWG)の挿入

DWGファイルの図形を直接読み込むことができます。その際に、不要な線はインポートしないようにフィルタリングするオプションもあります。2次元図面の過去資産がある場合に有効です。

002

ソリッドモデリング

Fusion 360とInventorほとんど同じ機能が付いています。
数十万円~数百万円する3Dソフトにしかない、履歴を保持して形状の変更が非常に簡単に行える「パラメトリックモデリング」や、パラメトリックモデリングCADが不得意とする「ダイレクトモデリング」もできてしまうのはFusion 360がプロでも使えると言われる1つの要素ですね!

003

Fusion 360には無いInventorの機能として以下のものがあります。
こちらも、機械設計をするのに便利な機能です。

公差を3Dモデルに付与する

寸法に対して公差を設定できます。単に数値を追加するのではなく、できあがる3Dモデル自体の形状のサイズを中間値、上限値、または下限値に調整することが可能です。これにより、より詳細な干渉チェックや応力解析を行うことができます。

004

また、Inventorには完全な板金設計機能がついています。Fusion 360にも最近この機能が付きましたが、まだフル機能には至っていません。今後、同等の機能が搭載されると予想されます。

サーフェスモデリング(パッチ)

Fusion 360とInventorほとんど同じ機能が付いています。InventorとFusion 360ではサーフェスに関する取り扱いが若干異なります。こちらも、他の3DCADソフトともほぼ同等の機能です。

多くのCADソフトも同様ですが、中身が詰まったソリッドと、中身が詰まっていない表面のみのサーフェスが3DCADで取り扱われるモデルです。Inventorの場合、すべて1つの環境で作業をしますが、Fusion 360では作業スペースの「モデル」がソリッド、「パッチ」がサーフェスを扱うための環境として用意されています。
初心者ですと、明確に別れていたほうが理解しやすいという配慮かもしれませんね。

Inventorでは、基本的なフィーチャーである「押し出し」、「回転」、「スイープ」、「ロフト」についてはコマンド内で、ソリッドまたはサーフェスのどちらを作成するのかを選択できるようになっています。

005

その他の作成方法としてInventorにのみ搭載されているコマンドは、「ルールド サーフェス」、「メッシュの面をフィット」があります。

006

ルールド サーフェス

選択したエッジから、指定した距離と方向に延長するサーフェスを作成する。

007

メッシュの面をフィット

メッシュ形状の指定した部分にフィットするサーフェスを作成する。

008

Tスプラインモデリング(スカルプト)

スカルプト機能はFusion 360とInventor、ほぼ同等の機能が搭載されています。

009

新規作成時と編集時に使用できるコマンドがFusion 360よりも限られており、作成機能だと「押し出し」、「回転」、「スイープ」、「ロフト」が、編集機能は「ベベルエッジ」、「プル」、「エッジをスライド」、「補間」、「フリーズ」がありません。

Tスプラインモデリングは、コンセプトデザインやプロダクトデザインを行う、主に設計の初期段階で活用が期待される機能です。設計者ではないデザイナーも容易に使えるようにということで、Inventorよりも機能が充実しているのかもしれませんね。

010

この機能については比較的ユーザー インタフェースが統一されていないので、どちらかのCADを使い慣れている方は最初に若干の違和感があるかもしれませんが、編集機能などはほぼ同じコマンドが揃っています。

011

アセンブリ

「アセンブリ」=「複数の部品を組み立てる機能」という意味ではどちらにもこの機能があり、コンポーネント同士の拘束には「ジョイント」を使用するという、基本的な機能は同じですが、データの扱い方が少し異なっています。

Fusion 360は、アセンブリも単体パーツもファイル形式は同一ですが、Inventorはアセンブリがiam、パーツがiptという異なるファイル形式を持ちます。隣接した複数部品を、干渉を考慮しながら設計するには、ファイルが分かれていないFusion 360のほうが自由度が高いため、便利です。

Fusion 360を使用するのは設計者だけではない、という考え方からすると、誰でもわかりやすいデータ構造のほうがいいと判断してこのような仕様になっているのかもしれませんね。

現状、部品点数が2000点以上を超えてくるとFusion360は重たくなってくるので、この点はInventorが優れています。Inventorには大規模アセンブリを軽量化して設計を進めることができる機能がいくつか搭載されています。

また、溶接、フレーム設計、配管設計(チューブ&パイプ)および配線設計(ケーブル&ハーネス)機能など、機械設計に特化した機能もあります。

その他、Inventorにのみ搭載されている機能として以下のものがあります。

モデリング全般

iPats および iAssemblyという機能があります。類似部品や類似アセンブリを作成する場合に1つの基準となるパーツやアセンブリを用意し、それに対しての差異を設定することで類似品をより素早く作成することができます。

012

アセンブリフィーチャー

アセンブリ内に存在するフィーチャーを作成することができます。どのコンポーネントにも依存しない、アセンブリのためだけのフィーチャーです。合わせ加工をするための穴を作成するような場合に便利です。

コンテンツ ライブラリ

標準部品や機械要素を、自動生成することができる機能です。既存のライブラリに存在しない独自のサイズの機械要素を設定したりできます。また、ボルト・ナットおよびワッシャーの組み合わせを指定し、配置する位置を決めると自動で下穴が生成され、ボルトの長さを相手に合わせて自動的に決定して配置する機能などもあります。

013

014

シミュレーション機能

Fusion 360の方が、計算の種類は豊富に揃っています。

Inventorのシミュレーション機能は、応力解析、ダイナミック シミュレーション、フレームの応力解析のみですが、Fusion 360には線形静的応力、モード周波数、熱伝達、熱応力、シェイプ最適化、構造座屈、非線形生適応力、イベントシミュレーション(破断)が用意されています。熱応力まではStandardライセンス(36,000円/年間)で使用できますが、シェイプ最適化以降を使用するにはUltimateライセンス(180,000円/年間)が必要になります。

016

参考記事:Fusion 360はCAE機能もすごかった!

Inventorで同様のことをするには「Product Design & Manufacturing Collection」というパッケージで購入し、「Autodesk Nastran In-CAD」というシミュレーション ソフトウェアをアドインする必要があります。このソフトウェアでは、熱伝導および熱応力解析、非線形解析、大変形解析、複合材解析、座屈解析、落下衝撃解析、周波数応答解析なども行うことができますが、年間約40万円の費用が必要になります。

図面

Fusion 360に搭載されている図面機能は、Inventorと比較すると若干劣ります。
基本的な2次元図面を作成するための機能は両方についており、3Dモデルから簡単に三面図や断面図、拡大図を作成したり、寸法注記、図面指示、部品表などを作成できます。

017

日本の企業では2次元図面が正であるところが多いため、Inventorでは企業内のオリジナルの製図規格にも対応できるようなカスタマイズ性を備えています。図面枠、表題欄、部品表のフォーマットなどはどの企業でもオリジナルのフォーマットを設定している場合がほとんどですが、これらすべてカスタマイズ可能です。

Fusion 360は、日本の企業が求める品質の図面を作成するには、少し機能が不足していますが、開発の重要なポイントとして図面機能を位置づけているようです。ユーザーから図面に関する要望が多く届いており、優先順位を付けて多くの機能を追加していっています。

CAM機能

InventorにはCAM機能が付いていませんが、Fusion360にはCAM機能が付いています。
これは、ものづくりのためには設計だけではなく製造も必要であるという、Fusion 360のコンセプトに基づいたものでしょう。

Fusion 360に搭載されているCAMは「Inventor HSM」を元にしています。これを使用するには、「Product Design & Manufacturing Collection」というパッケージを購入する必要があります。

Inventor HSMに搭載されている機能のほとんど(9割ほど)はFusion 360に搭載されているため、マシニングセンターと呼ばれる、工具自動交換装置を備えた数百万円~数千万円する切削加工機を動作させることも可能です。

このクラスのCAMソフトウェアは、CADよりも高価で数百万円するのが当たり前ですが、3軸加工までならStandardライセンスで使用できるというのは、コストメリットが非常に高いです。

参考記事:Fusion 360はCAM機能もすごかった

データ管理

Inventorは、ソフトウェアに同梱されているAutodesk Vaultというデータ管理ソフトウェアを使用してデータ管理をすることができます。このツールでは、プロジェクトごとにファイルを整理することができます。また、ファイルのバージョン管理、アセンブリ内で使用されているコンポーネントの検索、排他制御(誰かが編集している時に他の人は編集できないようにするなど、矛盾や衝突が発生しないようにする)などが可能です。

これは、Inventorが機械設計を目的にしているため、設計部署において複数の設計者が間違いなく設計した部品を管理できるようにしている、クローズドなシステムとして最適化されています。

一方、Fusion 360はクラウドでデータを管理しています。これは、Fusion 360のコンセプトである「コラボレーションツール」であることから、非常に力を入れて開発されている部分です。

クラウドで管理されているため、メールアドレスを共有するだけで簡単にデータの共有ができたり、特定のデータにアクセスできるURLを簡単に取得できるため、他社や他部署の人とデータを共有するのが非常に簡単です。また、ウェブブラウザでリアルタイムに画面共有をして打合せができるコラボレーション機能や、3D上に直接マークアップできるコメント機能など、「人と人とをつなぐコラボレーションのための機能」が盛り沢山です。


いかがだったでしょうか?

Inventorは機械設計を効率的に行うための細やかな便利機能がたくさん搭載されています。一方、Fusion 360は新しいコンセプトで、ものづくりのための広い機能を搭載しています。Inventorや他のCADにある機能がまだ搭載されていないこともありますが、Fusion 360はユーザーからの声を元に2週間に1回アップデートを行うなど、今までのCAD/CAMソフトウェアの常識を大きく覆した進化を遂げている、未来のあるソフトウェアだと言えるでしょう。

みなさんもこれからのFusion 360の進化に是非注目していただき、全く新しいコラボレーションツールを体験してみてください!!

The following two tabs change content below.
ティーチャー三谷

ティーチャー三谷

多くの企業で3D CAD導入の教育やコンサルティングを行っています。また、Fusion 360セミナーの講師も務めていて、Autodesk社公認のFusion 360の講師です!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“Fusion 360とInventorを徹底比較!” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!