Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

課題: 蝶々の香水瓶

以下の画像の香水瓶を作ってみましょう。

完成品

香水瓶-完成品1

香水瓶-完成品2

1. 香水瓶の断面曲線を作成

[スケッチ] – [線分]で横向きの平面に以下の直線を描きます。グリッドを参考にしてスケッチを描くことで、寸法や拘束を入れてカタチを整える際に形が崩れにくいです。

香水瓶-手順1

[スケッチ] – [スケッチ寸法]で以下のような寸法を作成します。細かい箇所の寸法から入れたほうが形が崩れにくいです。

香水瓶-手順2

[スケッチ] – [スケッチ寸法]で残りの寸法を作成し、[スケッチを停止]でスケッチを終了します。

香水瓶-手順3

2. 香水瓶の形状を作成

[作成] – [回転]で中心を軸として回転します。

香水瓶-手順4

[修正] – [フィレット]で底部分に「10mm」のフィレットをつけます。

香水瓶-手順5

[修正] – [シェル]で「2mm」の厚みをつけます。

香水瓶-手順6

3. ふたの断面曲線を作成

[スケッチ] – [投影/含める] – [交差]で横向きの平面にスケッチを作成します。「選択フィルタ」を<ボディ>に変更し、香水瓶を選択します。

香水瓶-手順7

Escキーを押し、全体をドラッグで囲んで選択し、「スケッチパレット」から<標準/コンストラクション>を選択します。

香水瓶-手順8

[スケッチ] – [線分]で中心線を作成し、<標準/コンストラクション>で基準線に変更します。

香水瓶-手順9

[スケッチ] – [線分]と[スケッチ] – [円弧] – [3点指定の円弧]で以下のようなスケッチを作成します。

香水瓶-手順10

[スケッチ] – [スケッチ寸法]で、以下のような寸法を作成します。

香水瓶-手順11

[拘束] – [一致]で、円弧の中心点と垂直の基準線を一致します。

香水瓶-手順12

[スケッチ] – [フィレット]で、「R5mm」のフィレットを作成します。

香水瓶-手順13

[拘束] – [一致]で、円弧の中心点と垂直の基準線を一致し、[スケッチを停止]でスケッチを終了します。

香水瓶-手順14

3. ふたの形状を作成

[作成] – [回転]で、中心を軸として回転します。「操作」を<新規ボディ>に設定します。

香水瓶-手順15

3. ふたの装飾をつくろう

[スケッチ] – [円弧] – [3点指定の円弧]で、以下のような円弧を作成します。[スケッチ] – [スケッチ寸法]で「R45mm」のスケッチを作成します。
「スケッチパレット」で<スライス>にチェックを入れると作業しやすいです。

香水瓶-手順16

[作成] – [フォームを作成]でスカルプト作業スペースに移行し、[作成] – [回転]で形状を作成し、[フォームを終了]でスカルプトモードを終了します。

香水瓶-手順17

[スケッチ] – [楕円]で横向きの平面にスケッチを作成します。以下のようなスケッチを作成します。

香水瓶-手順18

[スケッチ] – [スプライン]で以下のようなスケッチを作成します。

香水瓶-手順19

[スケッチ] – [ミラー]でスケッチを対称コピーします。

香水瓶-手順20

[スケッチ] – [トリム]で不要なスケッチをトリムし、[スケッチを停止]でスケッチを終了します。

香水瓶-手順21

[修正] – [ボディを分割]で形状を分割します。

香水瓶-手順22

不要な部分をブラウザで非表示にし、[修正] – [移動]で少し回転させます。

香水瓶-手順23

[作成] – [厚み]で「2mm」の厚みをつけます。

香水瓶-手順24

[作成] – [パターン] – [円形状パターン]で、「パターン タイプ」を<パターン ボディ>に設定し、「3つ」コピーします。

香水瓶-手順25

[修正] – [結合]で、ふたと蝶々を結合します。

香水瓶-手順26

完成です!

香水瓶-手順-完成
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!