Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

課題: 3Dプリンタ(アセンブリ)

以下の画像の3Dプリンタを作ってみましょう。

完成品

01
02

基準のFrameの配置

データパネルから「Frame」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]します。

03

ブラウザを右クリックし、<固定>します。

04

各アセンブリの配置

データパネルから「Y axis unit」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]します。

05

[アセンブリ] – [ジョイント]を選択し、「Y axis unit」の下側のシャフトの中心のジョイント原点を選択します。

06

「Frame」の溝の中間のポイントを選択します。

07

「Y axis unit」は固定される部品のため、<剛性>ジョイントで、中心から「20mm」オフセットした位置に固定します。

08
09

データパネルから「Table unit」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]し、「Table unit」のガイド穴の中心を選択します。

10

「Y axis unit」の上側のシャフトの中心を選択し、<スライダ>ジョイントを付加します。

11

データパネルから「Z unit right」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]し、「Z unit right」の取り付け穴を選択します。

12

「Frame」の取り付け穴を選択し、<剛性>ジョイントを付加します。

13
14

データパネルから「Z unit left」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]し、「Z unit left」の取り付け穴を選択します。

15

「Frame」の取り付け穴を選択し、<剛性>ジョイントを付加します。「Z unit left」を「Frame」の取り付け穴を基準に固定します。

16
17

部品の隣接設計

[作成] – [新規コンポーネント]で空の「Z end right」を作成し、アクティブにします。

18

[スケッチ] – [スケッチを作成]で「Z unit right」のシャフト先端を選択します。

19

以下のスケッチを作成します。

20

[作成] – [押し出し]でスケッチを「20mm」押し出します。

21

外側の側面に以下のようなスケッチを作成します。

22

[作成] – [押し出し]で切り取ります。

23

切り取った面に、[スケッチ] – [投影/含める] – [プロジェクト]で「Frame」の穴を投影します。

24

[作成] – [押し出し]で切り取ります。

25

[修正] – [フィレット]で「2.5mm」と「5mm」のフィレットを作成します。

26

[修正] – [物理マテリアル]で「ABSプラスチック」に設定します。

27

[アセンブリ] – [位置固定ジョイント]で「Z end right」と「Frame」を固定します。

28

[作成] – [ミラー]で「パターンタイプ:コンポーネント」にし、「Z end right」を平面対称にコピーし、部品の名前は「「Z end left」に変更します。

29

[アセンブリ] – [位置固定ジョイント]で「Z end left」と「Frame」を固定します。

30

各アセンブリの配置

データパネルから「X axis unit」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]し、「X axis unit」のガイド穴を選択します。

31

「Z axis unit」のシャフトの中心を選択し、<スライダ>ジョイントを付加します。

32

データパネルから「Hotend unit」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]し、「Hotend unit」のガイド穴を選択します。

33

「X axis unit」のシャフトの中心を選択し、<スライダ>ジョイントを付加します。

34

データパネルから「Extruder」を右クリックし、[現在のデザインに挿入]し、「Extruder」の取り付け穴を選択します。

35

「Frame」の取り付け穴を選択し、<回転>ジョイントを付加し、「135°」の角度になるように調整します。

36

完成です!

37
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!