Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

課題: 3Dプリンタ(アニメーション)

以下の画像のアニメーションを作ってみましょう。

完成品

01

完成アニメーション

コンポーネントの移動

作業スペースを「アニメーション作業スペース」に変更します。

02

[表示]を選択し、ビューの記録を停止します。

03

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「2秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Extruder」を-X方向の任意の位置に移動します。

04

「アニメーション タイムライン」で開始時間を「1秒」まで移動します。

05

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「3秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Extruder」を-Z方向の任意の位置に移動します。

06

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「4秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Z end right」と「Z end left」をY方向の任意の位置に移動します。

07

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「5秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「X axis Unit」と「Hotend unit」をY方向の任意の位置に移動します。

08

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「6.5秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Z axis left」を-X方向の任意の位置に移動します。

09

[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Z axis right」をX方向の任意の位置に移動します。

10

「アニメーション タイムライン」で「Z axis right」と「Z axis left」の開始時間を「5秒」まで移動します。

11

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「7.5秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Y axis unit」と「Table unit」をY方向に「175mm」、X方向に「-10mm」移動します。

12

[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Y axis unit」と「Table unit」を選択し、「基点を設定」で右側のシャフトの穴のエッジを選択します。中心に基点を移動した事を確認し、<完了>ボタンで基点の設定を完了します。

13

90度回転させます。

14

「アニメーション タイムライン」で「Y axis unit」と「Table unit」の回転動作の開始時間を「6.7秒」まで移動します。

15

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「8.5秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Y axis unit」と「Table unit」をZ方向の任意の位置に移動します。

16

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「9.5秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Y axis unit」と「Table unit」を選択し、「基点を設定」で右側のシャフトの穴のエッジを選択します。中心に基点を移動した事を確認し、<完了>ボタンで基点の設定を完了します。

17

-90度回転させます。

18

[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Y axis unit」と「Table unit」をX方向に「10mm」移動します。

19

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「10.5秒」まで移動します。
[トランスフォーム] – [コンポーネントを移動]で「Y axis unit」と「Table unit」をY方向に「-175mm」移動します。

カメラの設定

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「1秒」まで移動します。
[表示] – [表示]を選択し、ビューを以下のような向きに調整します。

20

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「2.5秒」まで移動します。
ビューを以下のような向きに調整します。

21

「アニメーション タイムライン」でカメラ移動の開始時間を「1.5秒」まで移動します。

22

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「3.5秒」まで移動します。
ビューを以下のような向きに調整します。

23

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「6秒」まで移動します。
ビューを以下のような向きに調整します。

24

「アニメーション タイムライン」でカメラ移動の開始時間を「4.5秒」まで移動します。

25

「アニメーション タイムライン」で再生ヘッドを「11.5秒」まで移動します。
ビューを以下のような向きに調整します。

26

「アニメーション タイムライン」でカメラ移動の開始時間を「10秒」まで移動します。

27

完成です!

28
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!