Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

[修正] – [ユーティリティ] – [ボディを修復]

メッシュ形状またはTスプライン形状の制御点情報を表示し、エラーのあるスターポイントやTポイントを修復するコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 15.19.41

使い方

Tスプライン形状を選択します。

設定項目

Tスプラインボディ:Tスプライン形状を選択します。
自動修復:エラーのスターポイント、Tポイント、フリーエッジを自動修復します。
▼エラーラベル
エラースター:エラーのあるスターポイントに赤い星マークを表示します。
T点でエラーが発生しました:エラーのあるTポイントに赤いTマークを表示します。
フリーエッジ:形状にある穴が空いているエッジをハイライトします。
溶接許容:「自動修復」の際に離れた2つのポイントを一致させる距離を入力します。
▼ジオメトリラベル
N角形:4つのエッジで構成されていないフェイスに、構成エッジ数を表示したラベルを表示します。
T点:Tポイントに黄色いTマークを表示します。
L点:L ポイントに黄色いLマークを表示します。
スターのポイント:スターポイントに黄色い星マークを表示します。
Tポイントは、エッジがTの字で交わる制御点を意味します。Tポイントの周りは常にねじれなどがない、曲率連続の状態になっています。
スターポイントは、エッジが3本、5本、またはそれ以上の数で交わる制御点を意味します。スターポイントは制御が難しく、ねじれなどが生じやすいため、使用する個所は必要最小限にした方が良い結果を得られます。

Tポイント スターポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“ボディを修復” への0件のフィードバック

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!