Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

[修正] – [寸法編集]

寸法を編集するコマンドです。

寸法編集

使い方

編集する寸法を選択し、ダイアログボックスの設定を行います。寸法をダブルクリックすることでも編集できます。 ドキュメント内のすべての寸法の設定を変更する際は、「ナビゲーションバー」で設定します。

設定項目

基本精度:小数点以下桁数を設定します。設定した桁以下は四捨五入されて表示されます。
変換単位:[ ]付きで、設定していない単位の長さを表示します。ミリメートルが設定されている際にはインチ表示、インチが設定されている際にはミリメートル表示になります。

変換精度:「変換単位」にチェックを入れた際のみ表示されます。[ ]内に表示される寸法数値の小数点以下桁数を設定します。設定した桁以下は四捨五入されて表示されます。

▼許容差
タイプ:公差の表示タイプを設定します。
 ・なし:公差を表示しません。
 ・対称:両側公差を表示します。
  
 ・偏差:片側公差を表示します。
  
 ・範囲:許容限界寸法を表示します。
  
許容差:「対称」に設定した際のみ表示されます。寸法許容差を入力します。
上限公差:「偏差」と「範囲」に設定した際のみ表示されます。上の寸法許容差を入力します。
下限公差:「偏差」と「範囲」に設定した際のみ表示されます。下の寸法許容差を入力します。

▼リプレゼンテーション
参照寸法:参考寸法表示に変更します。寸法文字に( )が付加されます。

尺度変更しない:図形の長さが、寸法数値に比例しない場合の表示に変更します。寸法文字にアンダーバーが付加されます。
理論的に一致:理論寸法表示に変更します。寸法文字が四角で囲まれます。

▼検査
タイプ:検査寸法の種類を選択します。
 ・なし:検査寸法表示を行いません。
 ・円形:両端が丸型の枠で検査寸法を表示します。
  
 ・角度:両端が角型の枠で検査寸法を表示します。
  
 ・フレームなし:枠なしで検査寸法を表示します。
    
検査ラベル:個々の検査寸法を識別するための検査ラベルの表示/非表示を設定します。
ラベル:検査ラベルの文字を入力します。
検査レート:寸法地の検査が必要な頻度を伝えるための検査率の表示/非表示を設定します。
レート:検査率の値を入力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“寸法編集” への0件のフィードバック

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!