Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

[作成] – [コイル]

コイル形状を作成するコマンドです。

コイル

使い方

配置する平面と中心点を選択し、直径や高さ等を指定してコイル形状を作成します。

設定項目

プロファイル:コイル形状の基準となる平面と円を指定します。
タイプ:コイル形状の作成方法を指定します。
 ・回転と高さ:巻き数と全体高さを指定し、コイル形状を作成します。
 ・回転とピッチ:巻き数と高さピッチを指定し、コイル形状を作成します。
 ・高さとピッチ:全体高さと高さピッチを指定し、コイル形状を作成します。
 ・スパイラル:平面ピッチを指定し、渦巻き状の形状を作成します。
 コイル-スパイラル
回転:巻き方向を指定します。
直径:基準円の直径を入力します。
回転:巻き数を入力します。
高さ:全体高さを入力します。
ピッチ:高さピッチを入力します。タイプが「スパイラル」の際は平面ピッチを入力します。
角度:開き角度を入力します。
断面:断面の形を指定します。
 ・円形:
 ・正方形:正方形
 ・三角形(外部):外向きの正三角形
 ・三角形(内部):内向きの正三角形
断面の位置:断面の配置位置を指定します。
 ・内側:基準円の内側に向けて配置します。
 ・中心:基準円の中央に配置します。
 ・外側:基準円の外側に向けて配置します。
断面サイズ:断面の大きさを入力します。
操作:形状を作成した際に同時に行う処理を設定します。
・結合:形状同士を足します。
・切り取り:形状同士を引きます。
・交差:形状同士の重なった部分を残します。
・新規ボディ:新しい形状を作成します。
・新規コンポーネント:新しいコンポーネントを作成します。
切り取るオブジェクト:「切り取り」、「交差」を選択した際に表示されます。
コマンド実行時には選択できず、編集時のみ設定可能です。
編集時に「自動選択」を選択する事で、表示されている形状に対して「切り取り」、「交差」を再計算します。「xx個のボディ」を選択すると、再計算を行わず、状態を維持します。
ブラウザを使用し、「切り取り」や「交差」を行いたい形状のみを表示することで、「切り取り」、「交差」を実行する形状を指定できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“コイル” への0件のフィードバック

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!