Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

[作成] – [パターン] – [パス上のパターン]

形状またはフェイスまたはフィーチャー(形状に対する処理オペレーション)を、曲線に沿って配列コピーするコマンドです。

パス上のパターン

使い方

コピーしたい要素を選択し、曲線や間隔、個数を設定します。

設定項目

オブジェクト:コピーする要素を選択します。「パターンタイプ」によって、選択できる要素が変わります。
パス:曲線または形状のエッジを指定します。
抑制:チェックを入れると、コピーのプレービューにチェックボックスが表示されます。コピーが不要なプレービューのチェックを外すことができます。
数量:コピーする数を入力します。
距離:距離を入力します。
始点:曲線におけるコピーの開始位置を入力します。曲線の開始位置を0、終了位置を1とした比率で入力します。
距離タイプ:コピー距離の測定方法を設定します。
 ・範囲:全体長さの中に収まるように、指定した数の要素をコピーします。距離は全体長さを設定します。
 ・間隔:隣り合う2要素間の距離を指定して、要素をコピーします。距離は2要素間の距離を設定します。
方向:コピー方向のタイプを設定します。
 ・1方向:片方向にコピーします。
 ・対称:両方向にコピーします。
方向:コピー要素とパスの位置関係を選択します。
 ・同一:コピー要素は常に同じ向きを維持します。
 ・パスの方向:コピー要素は常にパスと直交します。
パターンタイプ:コピーする要素の種類を指定します。
 ・パターン面:フェイスをコピーします。
 ・パターンボディ:形状をコピーします。
 ・パターンフィーチャ:フィーチャー(オペレーション)をコピーします。[フィレット]や[面取り]等のコマンドで処理をしたオペレーションをコピーします。
 ・パターンコンポーネント:コンポーネントをコピーします。
計算オプション:計算方法を指定します。
 ・最適化:「パターン面」または「パターンフィーチャ」に設定した場合のみ表示されます。最適化された計算方法のため、計算時間が非常に早くなります。
ただし、コピー形状が重なるような場合など、重なり部の計算を行わないため、最適な結果にならない場合があります。
 ・同一:「パターンフィーチャ」に設定した場合のみ表示されます。選択したフィーチャー(オペレーション)と全く同じ形を作成します。計算時間は短くて済みます。
 ・調整:「パターンフィーチャ」に設定した場合のみ表示されます。各コピー位置で、周辺の形状を考慮して計算するため、全く同じ形のコピーにはなりませんが、適切な結果をもたらします。ただし、計算時間は長くなります。
 矩形状パターン-調整

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“パス上のパターン” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!