Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

[挿入] – [SVGを挿入]

SVG形式のファイルをインポートするコマンドです。SVGファイルはIllustratorなどで作成できるベクターデータです。

SVGを挿入

使い方

SVGファイルを選択し、配置する平面を選択します。<OK>を選択するまで、スケッチのプレビューは表示されません。
ラインはスケッチ要素として、「固定」の拘束が付加された状態でインポートされます。Fusion360でインポートしたスケッチを編集するには、すべて選択して「固定/固定解除」で「固定解除」にします。
SVGを挿入-固定
また、Illustrator等の画像編集ソフト側で作成した1ピクセルが1mmとしてインポートされます。そのため、画像編集ソフト側のエクスポート時の解像度設定(dpi)、単位(pixelかmm)によって、縮尺が異なってインポートされます。

設定項目

SVGファイルを選択:SVGファイルを選択します。
X 距離:基準位置からX方向の移動量を入力します。
Y 距離:基準位置からY方向の移動量を入力します。
平面XYの尺度指定:XY方向の尺度を入力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“SVGを挿入” への0件のフィードバック

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!