Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

[検査] – [勾配解析]

フェイスのテーパ(勾配)を解析するコマンドです。

勾配解析

使い方

テーパを解析する形状と方向を選択します。

設定項目

ボディ:解析する形状を選択します。
方向:基準となる方向(抜き方向)を選択します。
勾配角度:テーパ(勾配)角度を入力します。設定した開始角度と終了角度によって、角度のついた箇所が色分けされます。
公差域:チェックを入れると、「勾配角度」に隣接する部分をグラデーション表示します。
許容差:許容差の開始角度と終了角度を入力します。
不透明度:解析結果の透明度を設定します。
高品質:チェックを入れると、表示を高精度にします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“勾配解析” への0件のフィードバック

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!