Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  Fusion360 コマンド一覧  >  モデル  >  修正  >  BRepからメッシュ

≫ 運営会社紹介

[修正] – [メッシュ] – [BRepからメッシュ]

B-rep形状をメッシュ形状に変換するコマンドです。履歴のつかないダイレクトモデリングモードまたはベースフィーチャーモードのみで使用できます。

BRepからメッシュ

使い方

B-rep形状を選択します。

設定項目

ボディ:B-rep形状を選択します。
操作:変換後の形状の設定を行います。
 ・新規ボディ:新しいボディを作成します。
 ・新規コンポーネント:新しいコンポーネントを作成します。
▼プレビュー
メッシュをプレビュー:作成されるSTLデータのメッシュの表示/非表示を選択します。
三角形の数:「メッシュをプレビュー」をONにした際に表示されます。STLデータの三角メッシュ数を表示します。
▼リファインメント
リファインメントオプション:STLデータの精度を選択します。
 ・低:低品質のSTLをエクスポートします。
 ・中:普通品質のSTLをエクスポートします。
 ・高:高品質のSTLをエクスポートします。
 ・カスタム:以下の「リファインメントオプション」でSTLデータの精度を調整します。
サーフェスの偏差:元の形状からメッシュにする際の許容誤差を設定します。
法線の偏差:元の形状のフェイスの法線方向に対する許容角度を設定します。
エッジの最大長さ:最大のエッジ長さを設定します。
縦横比:アスペクト比を設定します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

この記事にコメントする

“BRepからメッシュ” への0件のフィードバック

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!