Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  Fusion360の使い方(チュートリアル)  >  イラストレーターで作成したデータをFusion360に読み込む方法

≫ 運営会社紹介

イラストレーターで作成したデータをFusion360に読み込む方法

adobe社製品のイラストレーターで作成したデータを「SVG」または「DXF」に変換することでFusion360に読み込むことができます。
今回は「human pictogram 2.0」からイラストレーターの素材を拝借しました。

01

1. イラストレーターのコマンドの「別名で保存」でSVGデータとして保存します。
06


2. Fusion360のコマンドメニューの中から[挿入]-[SVGを挿入]をクリックします。
02


3. SVGを配置したい平面を選択後、「SVGファイルを選択」をクリックし配置したいSVGファイルを選択します。
03


4. プレビューが表示されるので「OK」をクリックして配置します。
04


5. 配置したSVGは押し出しなどのプロファイルとして利用することができます。
05

同様の操作がDXFでも可能です。
DXFファイルを挿入する場合は、[挿入]-[DXFを挿入]をクリックしてください。


▼▼▼ Fusion360についてもっと学びたいという方はこちら ▼▼▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!