Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2016.04.28 [最終更新日]2018.04.04

【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

 ティーチャー三谷

こんにちは。スリプリの三谷です。

今回は、スリプリが3Dプリンター向け3DCADとしておすすめしている、「Fusion360」の基本機能について紹介いたします。

Fusion360の画面説明

Fusion360の、画面の各箇所の役割は下の画像の通りです。

・3DCADの操作コマンドが集まった「ツールバー」
・モデルの表示方向を決める「ViewCube」
・3Dモデルやスケッチなどの表示をコントロールする「ブラウザ」
・3Dモデルの履歴を管理する「履歴バー」
・拡大縮小やパンなどの表示系のコマンドが使える「ナビゲーションバー」
・作成したデータを保存し、管理する「データパネル」

キャプチャ

続いて画面を拡大したり3Dモデルを回したりする方法です。

マウスがない方はタッチパッドでもできますが、できればホイール付きのマウスがあると楽に操作できます。

Fusion360の画面の操作方法

・画面ズーム(画面をズームイン・ズームアウト):マウスホイール
・画面移動(画面を左右に動かす):ホイールボタン
・画面オービット(画面をくるくる回す):Shift+ホイールボタン
・要素を選択したいとき:左クリック
・コマンドを呼び出すとき:右クリック

Fusion360の画面の操作方法を試すときは、3Dモデルの箱を配置すると、回転や拡大縮小などがわかりやすいです。
3Dモデルの箱を置く手順を書いていきます。

まず[作成]メニューの中の[直方体]を選択します。

キャプチャ2

次に、直方体を配置する場所を決めます。今回は底面を選択します。

無題

次に適当な2点を選択します。場所はどこでも結構です。

キャプチャ3

すると3Dモデルの直方体ができあがります。矢印をマウスドラッグで引っ張ることで、大きさを変更することができます。

キャプチャ4

この状態で、先に紹介しました「Fusion360画面の操作方法」を参考にして、3Dモデルの向きや拡大縮小を行ってみてください。

3DCADの基本操作について、今回はここまでです。
次回以降でもう少し、3DCADの操作方法をご紹介していきます。

The following two tabs change content below.
ティーチャー三谷

ティーチャー三谷

多くの企業で3D CAD導入の教育やコンサルティングを行っています。また、Fusion 360セミナーの講師も務めていて、Autodesk社公認のFusion 360の講師です!
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンター専門店

BASE☆TERS BLOG


スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!