ものづくりに関する最新技術や知りたい情報が盛りだくさん!
最新技術を融合するデータベース

HOME  >  Autodesk University 2016 レポート

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2016.11.13 [最終更新日]2018.04.04

Autodesk University 2016 レポート

 ティーチャー三谷

こんにちは、スリプリの三谷です。

今年もこの季節がやってきました。
Fusion360の開発元であるAutodeskさん主催のAutodesk University(通称AU)がラスベガスで開催されます!
今週11月15日から17日の会期で行われますので、その内容をできる限りリアルタイム配信します!Twitterも併せてチェックしてくださいね♪

Autodesk Universityとは、Autodesk社のソフトを使用しているユーザーや販売代理店が参加し、ユーザー同士の交流や最新情報の学びの場として年に1回開催されているカンファレンスです。

2015年の参加レポートはコチラ
brn_side_au

日本版もありまして、Autodesk University Japanという名前です。今年は9月8日に、ザ・プリンスパークタワー東京で行われ、私も4コマでFusion360のハンズオンセッションを担当させていただきました。

11

Autodesk社は、建築・土木、製造向け、エンターテイメント向けの多くのソフトウェアを製品として持たれているため、それらの大きな勉強会というイメージでしょうか。
実質3日間で、全部で811コマのセッションがあり、Fusion360が大きくかかわるセッションは44コマと、去年の30コマより増えております。

001

さらに、今回はなんと、エバンジェリスト藤村氏のセッションもございます!
工業デザイナー向け Fusion360を使ったコンセプトデザインワークフローというタイトルです。

002

先日のアップデートでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、Fusion360 Ultimate版というのが新しくできたり、解析機能や4/5軸機能の強化といった新しいトピックが目白押しです。

それらの最新情報をお伝えしていきますのでお楽しみに!!

The following two tabs change content below.
ティーチャー三谷

ティーチャー三谷

多くの企業で3D CAD導入の教育やコンサルティングを行っています。また、Fusion 360セミナーの講師も務めていて、Autodesk社公認のFusion 360の講師です!

月間人気記事ランキング

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • デザインセミナー
  • IoTセミナー
  • PDMコレクション
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360