ものづくりに関する最新技術や知りたい情報が盛りだくさん!
最新技術を融合するデータベース

HOME  >  ユニバーサルジョイントを作ってみた

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2017.09.13 [最終更新日]2018.04.03

ユニバーサルジョイントを作ってみた

動画職人大塚 動画職人大塚

こんにちは、スリプリの大塚です。

皆さんはユニバーサルジョイント(自在継手)という構造をご存知ですか?
これは、「2つのシャフトの角度が自由に変化する継手構造」です。

実際の動きはこんな感じです。

難しそうに見えるかもしれませんが、結構シンプルな構造で、
Fusion 360のアセンブリ機能を使用すれば簡単にできます。

基本の部品は十字のジョイント部品が一つに、ジョイントの差し込み穴が空いたシャフト2本です。

ユニバーサルジョイント_十字

ユニバーサルジョイント_シャフト

後は順番に回転のジョイントを設定するだけです。
まずは、シャフトと十字ジョイントをそれぞれ「回転」でジョイントします。

ユニバーサルジョイント_ジョイント1

ユニバーサルジョイント_ジョイント2

土台とシャフトを「回転」でジョイントします。

ユニバーサルジョイント_ジョイント3

最後に土台を任意の角度(位置)に固定して完成です!

ユニバーサルジョイント_ジョイント4

この様な継手の機構を組み込めば、より複雑な設計も可能になりますね!

アセンブリ機能をしっかり学びたい方は、ぜひスーパーアドバンスコースにご参加下さい。
http://3d-printer-house.com/3dcad-super-advanced/

The following two tabs change content below.
動画職人大塚

動画職人大塚

愛知県生まれ。東京大学大学院卒。大学卒業後は3DCAD / CAMベンダーでソフトウェアのローカライズをしていました。動画職人として、Fusion 360の機能を動画で皆さんにわかりやすく解説します!

月間人気記事ランキング

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • デザインセミナー
  • IoTセミナー
  • PDMコレクション
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360