Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  Fusion 360で作成した家具や建具などの3DデータをRevitで活用しよう

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2018.02.07 [最終更新日]2018.04.03

Fusion 360で作成した家具や建具などの3DデータをRevitで活用しよう

 工場長濵谷

Fusion 360でつくった家具や建具の3Dデータを、建築3DCAD「Revit」で利用する方法を紹介します。

r10


Fusion 360でエクスポート

まず、Fusion 360で作ったデータをエクスポートのコマンドでSATデータ形式でエクスポートします。
r01

このモデルはTスプラインで作成したモデルです。Fusion 360でのモデリング方法は今度また別記事で書くかもしれません。


新規ファリミを作成

Revitの[ファイル]-[新規作成]-[ファミリ]で「家具(メートル単位).rft」を選択します。
Revitにはあらかじめ配置基準が壁や天井など、初期値で様々なテンプレートが用意されています。

r02
r03


SATデータをインポート

Revitの[挿入]-[CADを読み込む]で1.で保存したSATデータを開きます。

r04

DWG、DXF、DGN、ACIS、SkechUp、Rhino形式が選択可能です

r05

配置基準の中心がずれている時は、移動して調整します。

r06


ファミリを保存

Revitで[名前を付けて保存]-[ファミリ]を選択し、名前を付けて保存します。

r07

家具以外のプロパティ設定も行えます。

r08


ファミリを配置

Revitでプロジェクトを開き、[建築]-[コンポーネントを配置]-[ファミリをロード]で、先ほど保存したデータを選択し、配置します。

r09

Revit内で作成した3Dデータであれば、パラメータを設定することで大きさ違いの棚などを簡単に作成することができます。
今回はFusion 360を利用することで、オリジナルの家具や、Tスプラインモデリングを利用した3Dモデルデータを簡単にRevitで利用する方法について書いてみました。


img_main

スリプリセミナーに新たなセミナーが追加されました!
建築用3D CAD「Revit」を利用して3Dデータを作成・活用し、実際の業務で設計図書を作成できるようになることを目指すセミナーです。
基礎から分かりやすく学ぶことができるので、3DCAD初心者の方でも安心してご受講いただけます!

■ 料金:28,000円(税別)
■ 時間:13:00〜17:30(開場:12:30)
■ 使用ソフト:Autodesk Revit

セミナーの詳細・お申し込みはこちらから

The following two tabs change content below.
工場長濵谷

工場長濵谷

3DCAD・CAMベンダーで製造業向けにコンサルティングの経験を積んだ後、メーカーで新規事業の立ち上げをしていました。現在は法人向けにFusion 360の立ち上げ支援やコンサルティングを行っています。趣味は育児と料理です♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

BASE☆TERS BLOG


スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“Fusion 360で作成した家具や建具などの3DデータをRevitで活用しよう” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • デザインセミナー
  • Fusion 360 モデリングバトル
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!