Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  自分のモノは自分で作る ‐Make it your self-

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2018.04.06 

自分のモノは自分で作る ‐Make it your self-

 ティーチャー三谷

こんにちは、三谷です。
今回は、福祉事業所や障がいのある人の技術支援を行われている大海さんをご紹介します!
北海道の方必見のセミナー情報もありますのでぜひご覧ください。

こんにちは、自己紹介をお願いします。

にっぽんの福祉をかわいくしたい!
をコンセプトに事業展開している株式会社エムブイピークリエイティブジャパンの代表の大海です。
事業内容は「福祉に携わる商品であっても、可愛い!」から始まるコミュニケーショングッズの企画・制作・販売を行っています。

1
2

福祉事業所について、どのような取り組みをされているのかを教えていただけますか?

販売している商品が3Dプリンターで制作しているものが多いので、障がい者の方々が働く事業所などから「3Dプリンターを助成金で買ったんだけど商品開発とか一緒にできないですか」とか「3Dプリントのグッズを作りたいんですが、なにから始めたらよいんでしょうか」等の相談をいただきます。
ものづくりに多く関わっている人ならおそらく私に相談は来ないと思うのですが、福祉イベントでの出店が多いので福祉の関わる人達の「気軽に声のかけやすい」立ち位置にいるからだと思います。
実際、私自身データは作れないので外注なんです(泣)

そうなんですね!なぜ3Dプリンターに目を付けられたんですか?

私と3Dプリンターの出会いはオフィスを構えたものづくりオフィスSHARE(現在はCreativeLounge SHAREに改名)に事務所をおく札幌立体データサービスの田村社長が向かいの席にいて、

大海「杖の形で3Dプリントとかできるんですか?!」
田村社長「できますよ!」
大海「まじすか!じゃ、やってみようかな!」
って感じで雑談の中からの即決です。笑( *´艸`)

RITTAI
3
4

今回のセミナーを主催されることになったきっかけは?

今回のセミナーのコンセプトは 「Make it yourself自分のモノは自分で作る」です。
ある時、私のやっていることをみていた北海道の函館の方にある国立病院機構八雲病院の作業療法士、田中栄一先生が訪ねてきてくれました。
その時に田中先生が筋ジストロフィーの患者さん本人に3Dプリントのデータを作成してもらい院内の自助具が必要な人達からオーダーを受けて制作するという作業指導していることを知りました。
「自分達で使うものは自分達で作ればいんですよ。
そうすることで技術が身につきここから自立することが出来る収入元にもなる」
この言葉を聞いたときに
「か、か、かっこよすぎるーー!!」
と感銘!
障がいがある人に「やってあげる」じゃなくて「自分で作ることを可能にする」そういうチャンスをみんなにつくりたい!
そう思ったのが最初にきっかけです。
とはいえ、なにせ私自身はデータは作れないので外注・・・(汗)
その後、更に「3Dプリントは購入したけどデータ作成がうまくできない」とか「データ作成を教えてほしい」などの問い合わせ。
「これはもう一人一人の話じゃなくて、北海道のみんなが技術を身に着けなきゃいけないタイミング」だと、一人確信し笑 三谷さんにご連絡しました。
なんせ私自身はデータは作れないので(号泣)

※筋ジストロフィーは、身体の筋肉が壊れやすく、再生されにくいという症状をもつ、たくさんの疾患の総称です。平成27年7月から、指定難病となっています。
我が国の筋ジストロフィーの患者数は、約25,400人(推計)。

5
八雲病院リハビリ室・IT企業みたいに見えませんか?

6

7
8
人工呼吸器の蛇管に通話用マイクをひっかけられる自助具を作ってました!
ジャストフィット!

9
田中先生と私を作業しているみなさん!(国立病院機構八雲病院にて)

素晴らしい取り組みですね!どういう方に来ていただきたいですか?

セミナーを企画してから様々な人からの情報が増えました。
現在は看護・作業療法・理学療法などの現場で3Dプリンターを使い、「複数の患者対応できる同じ形のものが複数欲しい時」の自助具など、一つ一つ手づくりで対応するより効率的に作れるようになってきています。
全国でもじわじわ広まってきている感じがします。
Fusion 360を習いたい方ならどんな方でもウエルカムです!
三谷さんに会いたい!でももちろんOK!

全国にこのような取組みが広がるとおもしろいですね!

はい!
田中先生の繋がりから既に四国地方の団体とも繋がりセミナーの開催だけで終わらず、全国規模のコミュティを作りたいと思っています。
「考えてる時間で、いま目の前で作っちゃおうよ!」という感じの、「医療<ものづくり」のスタンスで広めていきたいと思っています。

今回のセミナーの開催経緯は私のこんな熱すぎる思いが、ぎゅぎゅぎゅっと詰まっているので、参加者の方には必ずやご満足してもらえるように頑張ってます!
ぜひ、ご参加ください!

ありがとうございました!皆様ぜひご参加ください!

開催概要

Fusion360 【3Dデータ作成講座】
Part1
日時:2018/4/22(日) 9:30-17:30
場所:ACU-Y 札幌市中央区北4条西4丁目読売北海道ビル

Part2
日時:2018/6/24(日) 9:30‐17:30
場所:ACU-A 札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45

セミナーの詳細はこちらから↓
-自分のモノは自分で作る- Fusion360【3Dデータ作成講座】

申込フォーム
申し込み

The following two tabs change content below.
ティーチャー三谷

ティーチャー三谷

多くの企業で3D CAD導入の教育やコンサルティングを行っています。また、Fusion 360セミナーの講師も務めていて、Autodesk社公認のFusion 360の講師です!

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“自分のモノは自分で作る ‐Make it your self-” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • デザインセミナー
  • PDMコレクション
  • Fusion 360 モデリングバトル
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!