Fusion360の使い方や知りたい情報が盛りだくさん!
Fusion360ファンが集まるサイト

HOME  >  どんな種類があるの? – 今さら聞けない「フィラメント」について -【3Dプリンター】

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2018.06.04 

どんな種類があるの? – 今さら聞けない「フィラメント」について -【3Dプリンター】

 Fabmart(ファブマート) 店員の日常

こんにちは。3Dプリンター専門店『Fabmart(ファブマート)』のショップ店員です!

今回は、今さら聞けないシリーズ第2弾。第1弾「FDMについて」
3Dプリンターでの造形に欠かすことのできない「フィラメント」についてお話しします。

フィラメントって何? どんな種類があるの? 種類によって何が違うの?

……3Dプリンターを使い続けるには、フィラメントとのお付き合いが不可欠です。
そんな今さら聞けないようなことをまとめてみました!

フィラメントってなに?

フィラメント

フィラメントは、FDM法や材料噴射(マテリアルジェッティング)の3Dプリンターで、データを出力するために用いる材料です。→FDMについてはこちら
通常プリンターでいうとインクと同様の役割を果たします。

細長い糸状の材料で、リールに巻きつけてあります。メーカーによってはカートリッジなどに格納されていて、自社の材料しか使えないようにしている場合もあります。その場合、カートリッジに付属したICチップなどで情報を読み取って、自社製品(純正品)かどうかを機械が判断しています。

フィラメントがないと、インク切れと同じことなので、3Dプリントができません。なので、造形には必要不可欠なものというわけです。

フィラメント実装
▲ 実際にフィラメントを3Dプリンター(UP! Plus2)に設置するとこんな感じ。

どんな種類のフィラメントがあるの?

フィラメントは、合成樹脂の「熱可塑性樹脂」と呼ばれるものでできています。熱可塑性樹脂は、熱を加えるとやわらかくなり、冷やすと固まります。そして再び熱を加えると、またやわらかくなる性質を持ちます。

フィラメントの材質は、3Dプリンターの機種によって対応しているものが異なります。
最近は技術が進歩して、フィラメントの種類がどんどん増えています。

< フィラメントの種類 >
  • ABS
  • PLA
  • ASA
  • PA
  • PET/PETG
  • PC
  • PPSU
  • PEI
  • 合成木質
  • 合成カーボン
  • ゴムライク
  • etc…

↓↓ すべて紹介するのは大変なので、よく使われるものをピックアップしました! ↓↓

ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)

ABSは、一般的なプラスチック製品で広く使われている素材です。
Acrylonitrile Butadiene Styrene(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)」を略して、ABSと呼ばれています。

出力時の温度(≒融点)がPLA樹脂に比べ高く、そのため高い温度でないと出力できません(230-260℃程度)。
高温で溶かしたABSは冷やすと収縮する性質を持っています。大きい造形では途中でひずみが生じやすく、変形する可能性があります。そのため大きな造形は苦手です。

他の材質と比べると粘着性と柔軟性にやや優れており、強度があります。曲げや伸びに耐性があります。
後加工(やすりがけ作業や着色などの加工作業)が簡単で、出力後も扱いやすいです。

後工程で研磨などを行う試作品や、プラモデル・フィギュアのパーツ稼働機構を持たせたいもの向きです。


▼ABSフィラメントの購入はこちら▼

UP! シリーズ対応

Tiertime
UP純正ABSフィラメント

¥8,200(税別)

UPシリーズのためだけに開発された専用フィラメントです。従来のABSフィラメントに比べて熱変形が少なく、綺麗な品質でのプリントが可能。… 続きを見る

Raise3D シリーズ対応

Raise3D
Raise3D純正プレミアムABSフィラメント

¥5,000(税別)

粘り、強度に優れる、収縮率が低く反りにくい。カラーは全部で3種類。… 続きを見る

ABSフィラメントをもっと見る →

PLA(ポリ乳酸)

PLAは、対応している3Dプリンターの多い素材です。「Poly Lactic Acid」の略で、PLAと呼ばれています。

トウモロコシやジャガイモなど、自然由来の素材を原料にしています。乳酸を重合することによってできた高分子なので、乳酸から作られたポリエステルとも言えます。

PLA

ABSと比べると、低い温度での出力が可能(およそ180-230℃程度)です。造形中の冷えによって起こるひずみやソリに強く、出力が安定しています。
逆に言えば高温に弱いため、温度の高い場所に置いておくと造形物が溶けてしまう恐れがあります。

表面が硬くて丈夫なところが特徴です。しかし、そのため、削ったりやすりがけをする後加工は不向き。塗料も馴染みづらいです。
後加工のやりやすさをABSと比較すると、PLAはかなり苦労します。覚悟しましょう……

出力中の嫌な臭い(樹脂が熱されて溶けたときに出る独特の臭い)が出ません。

形状確認や、後工程の少ない実用品大きいもの耐摩耗性を確保したいもの向きです。


▼PLAフィラメントの購入はこちら▼

UP! シリーズ対応

Tiertime
UP純正PLAフィラメント

¥6,200(税別)

大型造形に向いている専用PLA。カラーは全部で8種類。容量は500gで2巻のセットです。… 続きを見る

Raise3D シリーズ対応

Raise3D
Raise3D純正プレミアムPLAフィラメント

¥5,000(税別)

耐衝撃性が強い、靭性がPLAの10倍、表面が綺麗、反りが発生しにくい。カラーは全部で6種類。… 続きを見る

PLAフィラメントをもっと見る →


ちなみにABS・PLAに異素材を混ぜ込んでできたものが、合成フィラメント(複合材料)です。
木や竹の繊維を混ぜ込んでできているものが「木/竹質フィラメント」、炭素繊維を混ぜ込んでできているものが「合成カーボンフィラメント」。他に銅などもあります。
木質フィラメントは、プラスチックですが木の質感がきちんと感じられて、出力してみるとおもしろいです!

Raise3D シリーズ対応

Raise3D
Raise3D合成木質フィラメント

¥7,500(税別)

60%竹・高通気性・光沢性。カラーは竹色の1種類のみ。… 続きを見る

Raise3D
Raise3D合成カーボンフィラメント

¥7,500(税別)

カーボン合成、靭性・高強度・耐摩耗性に優れる。カラーは黒の1種類のみ。… 続きを見る

PET(ポリエチレン・テレフタレート)/PETG

PETとは、「Poly Ethylene Terephthalate(ポリエチレン・テレフタレート)」の略称です。
透明性があり、強度、耐久性、耐熱性に優れています。
一般的にペットボトルの素材として知られています。身近だからイメージしやすいですよね。

しかしFDM法の3Dプリンターは積層して造形するため、そのぶん透明度が低くなります。ペットボトルほど透明度は出ないので注意してください。


PETGは、簡単に言うとPETの強化版です。PETに「Glycol modified」がくっついてPETGと呼ばれています。

PET以上に高い透明性があり、強度、耐久性、耐熱性に優れています。
PETがペコペコしたペットボトルに使われるのに対して、PETGは化粧品の容器など高機能なボトルに使われています。

ちなみに、このくらい(下の画像)の透明度をイメージしてください。(※カラーが透明の場合
PETG

PETGとPETの詳しい違いは、分子の生成やら配合の話になるため、気になる方は検索して調べてみてください。私はほどほどでやめました(´-ω-`)理系むずかしい…

▼PETGフィラメントの購入はこちら▼

Raise3D シリーズ対応

Raise3D
Raise3D合成PETGフィラメント

¥7,500(税別)

ECO(環境に良い)、耐磨耗性・耐溶剤性・耐寒性・耐熱性に優れる。カラーは白の1種類のみ。… 続きを見る

PC(ポリカーボネート)

PCとは、「Poly Carbonate(ポリカーボネート)」の略称です。

プラスチック素材の中では最高レベルの耐衝撃性を持ちます。なんとABSの5倍、塩化ビニール樹脂の10倍、アクリル樹脂の50倍の強さ!
これだけ丈夫な素材ですが、加工にも優れています。外観が美しい光沢を放つことから、高級感を出したい家電製品や日用品などに使われています。iPhone5のボディに使われていたことで有名です。

また他のプラスチック素材に比べて、比較的軽量なところも特徴です。軽くて丈夫という、まさに3Dプリントを活用するのに重宝しそうな材料です。
高温多湿の環境に弱いことと、対応する3Dプリンターがまだ少ないところが短所ですね。


▼PCフィラメントの購入はこちら▼

Raise3D シリーズ対応

Polymaker
PolyMaker PC-MAXフィラメント

¥6,000(税別)

ポリカーボネートは優れた耐熱性を持っており、多くの他の3Dプリンター素材に比べて、高温でも変形しません。カラーは全部で2種類。… 続きを見る

フィラメントの主流は圧倒的に、ABS・PLAです。とくにPLAは、5万円以下で買えるような低価格の3Dプリンターでも対応しています。
しかし、上でも説明しましたが、PLAは後加工がむずかしい欠点があります。予算に余裕があるようなら、ABSも出力できる3Dプリンターを買うことをおすすめします!

おすすめの3Dプリンター
低価格ながら高機能で安定した造形が可能な3Dプリンター

メイカーズ界隈ではほとんどの人が使用しているUPシリーズの中で、お手軽価格で購入できるUP! mini2!安定した造形ができるので信頼性も高くおすすめの3Dプリンターです。

購入はこちら →

すぐに使える!
今なら新規会員登録で2,000ポイントプレゼント!!

純正品以外のフィラメントも使えるの?

A○azonなどで売っている安いフィラメントありますよね。機種によっては、そういった他社製の汎用フィラメントを使うこともできます。
しかし当然、汎用フィラメントを使用した際や後のヘルプはメーカーの保証外自己責任での使用となります。

ヒーターの温度設定や移動スピードは純正品に最適化されているため、純正品を使うことで最高品質で造形できます。純正フィラメントが、いちばんきれいに出るってことですね。
出力に失敗しないためにも純正品の使用を推奨しています。

Fabmart(ファブマート)」で取り扱うフィラメントは、すべてメーカー純正品です!

お問い合わせ・ご相談はこちら
チャットによるお問い合わせも受け付けています。詳細はこちら

top_bnr_05
今なら新規会員登録で2,000円相当のポイントをプレゼント中です。全員もらえる、お得なキャンペーンです!
キャンペーンの詳細はこちら(好評につき期間延長中!)

Fabmart店員の感想
種類がたくさんあって迷っちゃいますが、特殊なものづくりを考えていないなら、まずはABSかPLAフィラメントを使ってみてください!
色が豊富で、価格も他の素材のフィラメントと比べると安価で手に入ります♪
どれも鮮やかな色なので着色しなくても様になります。ちなみに私は黄色が好きです◎
The following two tabs change content below.
Fabmart(ファブマート) 店員の日常

Fabmart(ファブマート) 店員の日常

3Dプリンター専門店「Fabmartーファブマートー 」で店員をやってます。 3Dプリンターが欲しいと思ってもらえるようなお得な情報を届けられるように頑張ります!
このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンター専門店

BASE☆TERS BLOG


スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“どんな種類があるの? – 今さら聞けない「フィラメント」について -【3Dプリンター】” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • ものづくりアワード
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360
  • 採用

[全国開催中!]入門者向けFusion360セミナー

▼詳細・お申し込みはこちら▼
http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/
先着順、定員になり次第申込を締め切ります
お申し込みはお早めに!