ものづくりに関する最新技術や知りたい情報が盛りだくさん!
最新技術を融合するデータベース

HOME  >  2018年度版 3Dプリンター価格徹底比較

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2018.07.27 [最終更新日]2018.10.02

2018年度版 3Dプリンター価格徹底比較

 3Dプリンター de ものづくり

こんにちは。3Dプリンター専門店『Fabmart(ファブマート)』のショップ店員です!
今回は、「3Dプリンターの価格について」まとめてみたので是非ご一読ください!

3Dプリンターって実際高いんじゃないの…?


3Dプリンターは、高い買い物だと思われています。しかし、安い3Dプリンターも販売されていて、誰でも手に入れやすい3Dプリンターも登場しているのです。
今回は3Dプリンターの価格と性能を比較し、高額な3Dプリンターと低価格の3Dプリンターがどのように違うのか説明します。

3Dプリンターの価格はどれくらいなのか

現在発売されている3Dプリンターですが、価格としては10万円から20万円の商品が多くあります。それ以外の10万円未満の3Dプリンターは、入門用として使われるくらい機能が簡素となっています。逆に20万円を超える3Dプリンターは、プロ用として作られているほど、精密な加工を行える機械に仕上がっています。
平均して大体15万円前後という価格が3Dプリンターの平均値で、10万円を下回ると機能性が少し足りず、20万円を超えるとプロ仕様だと考えてください。もちろん20万円以上で販売されている3Dプリンターは、加工のできる範囲などが広く、やや大きなものの印刷が可能です。

3Dプリンターの価格ごとに性能の比較

ここからは価格帯ごとの3Dプリンターについて説明します。価格帯が違うとプリンターの性能や大きさも変わっていますので、3Dプリンターの機能など価格で見ておきましょう。

5万円未満の3Dプリンター

近年多くなっている3Dプリンターです。5万円未満という非常に安く販売されている3Dプリンターは、これから始めてみようと考えている方にお勧めです。その中でもXYZプリンティングという会社が販売している「ダヴィンチ ミニ w」を例として説明します。

出力サイズは全て15センチで設定されています。あまり大きなものを出力させられないので、大掛かりなものの印刷には向いていません。ベッドなども通常の平面が採用されており、特別変わった機能は付けられていません。
このプリンターには一応Wi-Fiに対応する機能が付けられていますが、あまり精度が良くないためにUSBを使わなければなりません。従って離れた場所から印刷を行う場合にはやや使いづらい機種です。
このように、5万円未満を切っている3Dプリンターというのは、価格としては非常に安いメリットを持っている反面、特別いい機能が付けられているわけではないのです。また精度についてもやや甘めで、希望している印刷がしっかりされない可能性もあります。入門用のモデルとして考えるといいでしょう。

5万円から10万円の3Dプリンター


多くの方が一応購入できるかなと考えられる金額の3Dプリンターです。この金額に該当している3Dプリンターの中でも、「FLASHFORGE Findar」を例として紹介します。

このプリンターですが、出力サイズは5万円未満で販売されているタイプより小さく、最大で14センチに設定されています。大きさとしてはあまりいいものではありませんが、そのメリットは組み立てが不要であることです。
5万円未満の3Dプリンターだと、自分で組み立てるプリンターもあります。組み立ての作業が面倒だなと思っている方には、既に完成されている3Dプリンターを選ぶとよいでしょう。
また、スライド式を採用しているベッドのおかげで、安心して使える3Dプリンターです。固定されているタイプに比べて、スライド式は動かしやすいメリットがあり、けがの予防にもつながります。

10万円から20万円の3Dプリンター


こちらは「XYZプリンティング ダヴィンチ1.0 Pro」を例に紹介します。

最大サイズが20センチ×20センチ×20センチとやや大きくなりました。10万円を超えると20センチクラスの印刷が可能です。
造形のできる素材についても2種類に対応しており、複数の素材を使って印刷ができる3Dプリンターでもあります。低価格帯のプリンターでは1種類の素材にしか対応しないため、素材を変えられる点が低価格帯の3Dプリンターにはないメリットです。
重量はやや重いものの、Wi-Fiに対応しているため離れたところからも印刷が可能です。またベッドは安定感があり、大きいものをしっかり支えられるように作られています。

全体的に低価格帯よりも大きな印刷に対応できる点、更には低価格では使えない素材での印刷が可能になり、より大きくて変わった製品を作れるメリットもあります。

20万円以上の3Dプリンター

20万円以上の3Dプリンターというのは、なかなか触れることがないでしょう。
基本的に業務用として販売されている機種と、個人向けに高い機能を持っている2つの3Dプリンターが販売されています。

業務用の場合は、個人用にはない大きさで印刷ができるため、3Dプリンターで大きな製品を作れます。その代わり価格は100万円以上と高く、プリンターによっては200万円を超えてしまいます。業務用を個人で手に入れるのはかなり難しいでしょう。
個人向けに作られている3Dプリンターは、20万円以上となれば印刷のできるサイズが変わります。30センチ程度の印刷に対応しているプリンターもありますので、より大きな製品を印刷したいと考えている方に向いています。
特に高さを出せる3Dプリンターが結構あり、フィギュアなどの印刷に適している3Dプリンターがあります。一例を挙げると、monofabのSRM-20タイプは高さ60センチまで印刷のできる3Dプリンターで、高差のある製品を作れます。

3Dプリンターは価格帯によっていろいろな違いあり

入門用として販売されているかなり安い3Dプリンターもありますが、価格帯によってはプロと同じような印刷が可能な3Dプリンターも用意されています。
個人向けに販売されている3Dプリンターは、大体10万円から20万円の間で販売されている機種で十分な機能が使えます。3Dプリンターに不安を抱えている方は、まず5万円未満のモデルで練習やプリンターの動作などを確認してもいいでしょう。


3Dプリンターを買うなら、ぜひ「Fabmart(ファブマート)」へ!
お問い合わせ・ご相談はこちら
チャットによるお問い合わせも受け付けています。詳細はこちら

top_bnr_05
今なら新規会員登録で2,000円相当のポイントをプレゼント中です。全員もらえる、お得なキャンペーンです!
キャンペーンの詳細はこちら(好評につき期間延長中!)

The following two tabs change content below.
3Dプリンター de ものづくり

3Dプリンター de ものづくり

3Dプリンター専門店「Fabmartーファブマートー 」で店員をやってます。 3Dプリンターが欲しいと思ってもらえるようなお得な情報を届けられるように頑張ります!
タグ: 

月間人気記事ランキング

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • デザインセミナー
  • IoTセミナー
  • PDMコレクション
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360