ものづくりに関する最新技術や知りたい情報が盛りだくさん!
最新技術を融合するデータベース

HOME  >  壊れない最強3Dプリント?! 最新最強の3Dプリンターを見学してきた

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

公開日:2018.11.19 

壊れない最強3Dプリント?! 最新最強の3Dプリンターを見学してきた

 3Dプリンター de ものづくり

デスクトップ3Dプリンターで作成したものはプラスチックでできているため、どうしても壊れやすかったりします。
製造業の方で試作品を作るときに、もう少し強度があるものができたらプチ量産もできるのに、と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方の強い味方の最新最強の3Dプリンターを見学しに、新しくなった日本3Dプリンターさんのショールームにお邪魔しましたので、そのレポートをします。

ショールームはモノクロ基調で、すごくおしゃれです。(写真だとちょっと伝わりづらいかも…涙)

ショールーム

たくさんの3Dプリンターが並んでいますね!

3Dプリンター

最新最強の3Dプリンターとご対面

今回一番驚いたのがこちら。
アメリカのMarkforgedという会社が作っている最新最強の3Dプリンターです。

何の変哲もないレバー部品ですが・・・
レバー部品
力を入れても全くおれません!!

というのも、カーボン素材を繊維のまま造形をしているので、強度がなんとABSの23倍アルミニウムよりも高い強度対重量比を実現しています。
これだけの強度があれば、自動車とかバイクの部品とか、工場でも使えてしまいそうですね!

そして、この精度! 積層痕もほとんど見えません。
普通に世の中にある製品かと思うほどの精度です。
しかも後加工は全くしていないというから驚きです。

造形物
黒い部分(オニキス=カーボンとナイロンの合成樹脂)も白い部分(ナイロン)も、どちらもMarkforged 社の3Dプリンターで出力されたものです。

こちらの機械がMark Two。カーボンファイバーでの造形を世界で初めて可能にした3Dプリンターです。
250万円程度で購入できます。最大造形サイズは320×132×154mm。

mark two

そしてこちらの機械がMark X7。1,000万円くらいだそうです。
最大造形サイズは330×270×200mmで、Mark Twoよりさらに細かな積層ピッチに対応しています。

mark x7
このときMark X7に設置されていたフィラメントは100%カーボン材料で、なんと1個6万円します。

下を開けると乾燥ボックスが収納されていました。ナイロンのような湿度に弱いフィラメントをここにしまっておきます。

mark x7-2

オフィスに置けて、アルミに匹敵する強度の高い部品が簡単に造形できるなんて夢のようですね!

製品の詳しい説明は、日本3Dプリンターさんの専用HPで見ることができます!
Mark Two
https://3dprinter.co.jp/markforged/pr/mark-two/
Mark X7
https://3dprinter.co.jp/markforged/pr/mark-x7/

The following two tabs change content below.
3Dプリンター de ものづくり

3Dプリンター de ものづくり

3Dプリンター専門店「Fabmartーファブマートー 」で店員をやってます。 3Dプリンターが欲しいと思ってもらえるようなお得な情報を届けられるように頑張ります!

月間人気記事ランキング

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • デザインセミナー
  • IoTセミナー
  • PDMコレクション
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360