ものづくりに関する最新技術や知りたい情報が盛りだくさん!
最新技術を融合するデータベース

HOME  >  フリー(無料)でも使える高機能3D CAD Fusion360とは

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

フリー(無料)でも使える高機能3D CAD Fusion 360とは

autodesk-fusion-360_eye1

こんにちは、スリプリの三谷です。

このページにご訪問頂いているということは、少なからずFusion 360に興味がある方々だと思います。
そんな皆様のためにFusion 360の機能や使い方をまとめてみました!
今後の3D CADの比較検討のための有益な情報になれば嬉しいです!


目次

Fusion 360とは
Fusion 360の機能について
Fusion 360の1か月無料体験版をダウンロードする方法
Fusion 360を無料で使う方法
Fusion 360の画面説明
Fusion 360の画面の操作方法
Fusion 360の使い方
Fusion 360をより詳しく学習する
Fusion 360の購入をお考えの方へ

33331


Fusion 360とは

Fusion 360は、Autodesk社が提供している高機能3DCADソフトです。
3DCAD機能に加え、3DCAM、レンダリング、解析、アセンブリ、2次元図面などの機能が搭載されています。

データはクラウド上で管理されているため、チーム内でのデータのやりとりを円滑にしてくれます。
従来は数百万円した3DCADですが、Fusion 360は年間56,000円(税別)、月額7,000円(税別)ですべての機能を利用することができます。

また、30日間の無料体験版も用意されております。さらに、学生や教育機関、非営利団体、スタートアップであれば30日の無料期間を過ぎても無料で使い続けることができます。

▶ Fusion 360とInventorの比較はこちら


Fusion 360の機能について

Fusion 360はコンセプトデザインから製造まで全ての工程をおこなう機能が備わっています。
また、それらの工程を全てクラウド上で管理することができ、データ管理やチーム内でのコミュニケーションを円滑にしてくれます。

00

コンセプトデザイン

● ソリッドモデル
● サーフェスモデル
● T-スプラインモデル

製品設計

● パラメトリックモデリング
● 履歴管理
● アセンブリ
● 図面作成

ビジュアライゼーション

● レンダリング
● 材質管理
● テクスチャマッピング
● シーンの設定

シミュレーション

● 静的応力
● モード周波数
● 熱解析
● 熱応力
● 干渉チェック
● 部品アニメーション

CAM

● 2軸加工
● 3軸加工
● 旋盤加工
● 工具シミュレーション
● 加工指示書


Fusion 360の1か月無料体験版をダウンロードする方法

Fusion 360は無料体験版として1か月間無料で使用することができます。

3333


Fusion 360を無料で使う方法

体験版の期間が終了しても、Fusion 360は以下の場合に限り無料でライセンスを使用することができます。

・学生または教育機関
・スタートアップまたは愛好家 (※ 非営利団体または事業の売り上げが10万ドル未満の場合)

詳しい方法はチュートリアルページの「Fusion 360 無料ライセンスの登録方法」を参照ください。

これだけの機能が付いているにも関わらず無料で使えるなんてAutodeskさん太っ腹すぎますね。
他の3D CADメーカーさんは焦っているんじゃないでしょうか。。。


Fusion 360の画面説明

Fusion 360の、画面の各箇所の役割は下の画像の通りです。

・3DCADの操作コマンドが集まった「ツールバー」
・モデルの表示方向を決める「ViewCube」
・3Dモデルやスケッチなどの表示をコントロールする「ブラウザ」
・3Dモデルの履歴を管理する「履歴バー」
・拡大縮小やパンなどの表示系のコマンドが使える「ナビゲーションバー」
・作成したデータを保存し、管理する「データパネル」

キャプチャ

続いて画面を拡大したり3Dモデルを回したりする方法です。

マウスがない方はタッチパッドでもできますが、できればホイール付きのマウスがあると楽に操作できます。


Fusion 360の画面の操作方法

・画面ズーム(画面をズームイン・ズームアウト):マウスホイール
・画面移動(画面を左右に動かす):ホイールボタン
・画面オービット(画面をくるくる回す):Shift+ホイールボタン
・要素を選択したいとき:左クリック
・コマンドを呼び出すとき:右クリック

Fusion 360の画面の操作方法を試すときは、3Dモデルの箱を配置すると、回転や拡大縮小などがわかりやすいです。
3Dモデルの箱を置く手順を書いていきます。


まず[作成]メニューの中の[直方体]を選択します。

キャプチャ2


次に、直方体を配置する場所を決めます。今回は底面を選択します。

無題


次に適当な2点を選択します。場所はどこでも結構です。

キャプチャ3


すると3Dモデルの直方体ができあがります。矢印をマウスドラッグで引っ張ることで、大きさを変更することができます。

キャプチャ4

この状態で、先に紹介しました「Fusion 360画面の操作方法」を参考にして、3Dモデルの向きや拡大縮小を行ってみてください。


Fusion 360の使い方

続いてFusion 360の基本的な使い方を解説します。
Fusion 360でモデリングする手順は、

1. 形状のもととなる[スケッチ]を書きます
2. スケッチをもとに3Dモデルを作成します
3. 3Dモデルを[修正]機能を使って編集します

それでは、汽車のモデルを作りながらFusion 360の操作の流れを説明します。

作るのはこんな感じの汽車です。

31

まずはタイヤから作成していきます。
どこからモデリングしていくか決まりはないのですが、今回はわかりやすいようにタイヤから作成します。


タイヤの3Dモデルの基となるスケッチを[スケッチ]-[円]のコマンドで作成します。
メニューバーの中から、[スケッチ]-[円]-[中心と直径をしていした円]を選択します。

01


次にスケッチを書く平面を選択します。今回は前面を選択します。(画面参照)

02

MEMO
スケッチのコマンドをとると、まず最初にスケッチを書く平面を選択する必要があります。
これはスケッチモードを抜けるまで適用されます。
別の平面にスケッチを描きたい場合は、右上の「スケッチを停止」をクリックし、一度スケッチモードを抜けた後、再度スケッチのコマンドをとって平面を選択します。


円の中心点を指定するために原点をクリックして、「15mm」の円を配置します。

03


続いて、スケッチをもとに3Dモデルを作成するので、一旦スケッチモードを抜けます。
右上の「スケッチを停止」をクリックします。

04


[作成]-[押し出し]をクリックします。

05


先ほど書いた円を押し出すので、円をクリックします。
すると、矢印が表示されるので矢印を「35mm」ドラッグして円柱を作成します。

06
07


タイヤが一つ完成したので、このタイヤをコピーします。左隅にあるブラウザの中の「ボディ」の横にある三角をクリックしてボディの中を開きます。

08


「ボディ1」を右クリックして「コピー」をクリックしてコピーします。
特に何もメッセージは出ませんがコピーできています。

09


画面上で要素が何もないところを右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

10


同じ場所に、まったく同じ形状が貼り付けられました。
矢印が表示されるので、矢印を「45mm」ドラッグしてコピー完了です。

11


タイヤができたので続いて車体を作成していきます。
まずは車体のもととるスケッチを作成します。
[スケッチ]-[線分]を選択します。

12


次にスケッチを書く平面を選択します。今回はタイヤを書いた時と同じく前面を選択します。(画面参照)

13


車体の頂点をクリックしていってスケッチを作成します。以下の画面を参照しながら1〜14の順番でクリックしていき、最後に1をクリックします。

14

MEMO
線分のコマンドを完了するためには、閉曲線を作成するかチェックマーク(画像参照)をクリックします。
15
線分を作成中にチェックマークをクリックしてしまった場合は、再度[線分]のコマンドを選択してください。


続いて、スケッチをもとに車体の3Dモデルを作成するので、一旦スケッチモードを抜けます。
右上の「スケッチを停止」をクリックします。

16


[作成]-[押し出し]をクリックします。

17


先ほど書いたスケッチを押し出すので、スケッチをクリックして、タイヤと同じように「35mm」矢印をドラッグします。
矢印をドラッグするとプレビュー形状が赤色で表示され「操作」が「切り取り」になっているので「結合」(画像参照)を選択してをクリックします。

18
19

MEMO
押し出した時に形状が重なる場合は自動で「操作」が「切り取り」になり重なっている部分がカットされます。
また、接している場合は「結合」になります。
新しくボディを作成したい場合は「新規ボディ」を選択します。


続いて車体を編集します。
今回は[フィレット]のコマンドで角に丸みをつけます。
[修正]-[フィレット]をクリックします。

20


フィレットをかけるエッジを選択します。(画像参照)

21


矢印が表示されるので矢印を「12mm」ドラッグしてフィレットをつけます。

22
23


次に車体の円柱部分を作成します。(画像参照)

32


円柱部分は下書きのスケッチを作成せずに直接円柱を配置します。
[作成]-[円柱]をクリックします。

24


まずは円柱を配置する面を選択します。今回は汽車の前面を選択します。(画像参照)

25


次に円柱の中心点をしていします。今回は厳密に中心を計らずに適当な点をクリックして直径「45mm」の円柱を配置します。(画像参照)

26


矢印が表示されるので矢印を「90mm」ドラッグします。
「操作」が「切り取り」に自動でなりますので、「結合」を選択してをクリックします。

27


続いて煙突を作成します。
煙突も円柱形状を配置して作成します。
[作成]-[円柱]をクリックします。

28


円柱を配置する面に車体の平面を選択します。(画像参照)

29


煙突も同じように円柱の中心点を適当な位置に指定して直径「15mm」、高さ「70mm」の円柱を配置します。(画像参照)
「操作」を「結合」に設定してをクリックします。

30


以上で汽車が完成しました!

31


Fusion 360をより詳しく学習する

私も所属しているスリプリでは、Fusion 360のセミナーを全国で開催しています。
3D CAD初心者の方でもしっかりFusion 360を習得できるコースや、業務で使うレベルまで極めたい人向けのコース、CAM機能を使いこなしたい方やスキャンデータを取り込んで編集したい方向けのコースなど用途にあわせてセミナーを用意しております。
3D CADは機能が多く独学だけでは操作がかたよってしまいますので、セミナーにご参加いただくことをお勧めいたします。

スリプリセミナー全国開催中!
初めての方でも安心!Fusion 360 3DCAD入門セミナー
Fusion 360を極めたい方向け!エキスパートコース
木材から金属までなんでも加工!はじめてのCNC入門セミナー

また、本サイトの「チュートリアル」も参考にしてみてください。


Fusion 360の購入をお考えの方へ

以下のリンクよりFusion 360のリンクをご購入いただけます。
また、Fusion 360の保守サービスや教育セミナーもあわせて申し込みいただけます。

33331

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“フリー(無料)でも使える高機能3D CAD Fusion360とは” への0件のフィードバック

  • AutoCADセミナー
  • PDMコレクション
  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360
  • デザインセミナー
  • IoTセミナー
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360