ものづくりに関する最新技術や知りたい情報が盛りだくさん!
最新技術を融合するデータベース

[作成] – [フィーチャを検索]

インポートしたデータなどの履歴のない形状から、フィーチャー(処理履歴)を自動認識するコマンドです。履歴のつかないダイレクトモデリングモードまたはベースフィーチャーモードのみで使用できます。

フィーチャを検索

使い方

フィーチャー(処理履歴)を自動認識する形状、サーフェス、コンポーネントなどを選択します。
コマンドを実行すると、ブラウザーに認識されたフィーチャーが表示されます。一部のフィーチャーは、ダブルクリックまたは右クリック[xxxを編集]で編集できます。
フィーチャを検索-使い方

設定項目

面/ボディ/コンポーネント:サーフェスまたは形状またはコンポーネントを選択します。
全て選択:すべてのチェックボックスのON/OFFを切り替えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

“フィーチャを検索” への0件のフィードバック

  • Fusion360
  • Fusion360
  • Fusion360

作成

修正

スケッチ

アセンブリ

構築

検査

挿入

選択

作成

修正

対称

作成

修正

設定

レンダリング

ストーリーボード

トランスフォーム

注記

表示

パブリッシュ

ビュー

修正

注記

部品表

出力

ナビゲーションバー

最新を取得

  • デザインセミナー
  • IoTセミナー
  • PDMコレクション
  • AI体験セミナー
  • Fusion360
  • 3Dデータ作成サービス
  • Fusion360
  • Fusion360